본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「北朝鮮豊渓里核実験場で拡張情況…4番坑道の活動増加」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2018年5月25日、爆破前の豊渓里(プンゲリ)核実験管理指揮所の様子。[写真共同取材団]

北朝鮮咸鏡北道(ハムギョンブクド)の豊渓里(プンゲリ)核実験場で先月活動が増加した情況が確認された。

米シンクタンク「米戦略国際問題研究所(CSIS)」傘下の北朝鮮専門メディア「分断を越えて(Beyond Parallel)」が3日(現地時間)報道した内容によると、先月19~29日、商業衛星「Airbus Neo」の画面を分析して、このような動向が現れた。

3番坑道で新たな活動がないのは予想されたことで、米国と韓国は北朝鮮が3番坑道で核実験を行うすべての準備をすでに終えていると評価している。

4番坑道で確認された活動は3番坑道に続き北朝鮮の核実験能力を拡張した可能性を示すものだ同メディアは分析した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기