본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「戦争はやめて」 プーチン批判したロシア国営テレビの職員が指名手配に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
今年3月、ロシア国営テレビ「チャンネル1」の生放送中に「戦争はやめて」というプラカードを持って突然登場した同社所属のマリナ・オフシャニコワさん(44)が自宅軟禁中に脱出して当局が指名手配令を下した。

3日(現地時間)、英紙ガーディアンによると、彼女の前夫でロシア国営放送局RTで働いているイゴール・オフシャニコフさんは「私の元妻が11歳になる娘と一緒に家から脱出して某所に移動した」とこの日話した。

マリナさんの行方が分からない中で、ロシア内務省はこの日、マリナさんの名前を手配犯のリストに入れて写真を公開した。

ウクライナ生まれのマリナさんは生放送デモで3万ルーブル(約7万4000円)の罰金刑に処されたが反戦デモを継続した。

マリナさんは今年8月にはロシア大統領府の向い側のモスクワ川堤防で「プーチンは殺人者。彼の軍隊はファシスト」というプラカードを持って単独でデモを行った。これに対して自国軍に対するうその情報を流した容疑で自宅軟禁処分と同時に起訴された。

マリナさんは有罪が認められる場合、最高10年懲役刑を受けるかもしれなかった。

ロシアは2月末にウクライナを侵攻した後、政府の統制から外れた独立報道機関や外国ソーシャルメディアを通したデモを厳しく禁止している。

プーチン大統領は意図的にロシア軍に関する「フェイクニュース」を流布させた場合、最高15年懲役刑に処する法律に今年3月署名した。

この法律の執行が恣意的に行われているという判断のために、政府や特定政派の支援なく独立的に活動してきたジャーナリストや活動家数百人がロシアを離れた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기