본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ロシア政府内部者「プーチン大統領、独断で決定…誰も知らなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ウラジーミル・プーチン露大統領

ロシアのプーチン大統領がウクライナ戦線での相次ぐ支障に直面し、性急な決定を下していると、2日(現地時間)英日刊紙テレグラフが報じた。

テレグラフによると、ロシア国籍の元BBC記者であるファリダ・ルスタモワ氏は最近数週間、ロシアの公務員、議会関係者、公企業および私企業の役員などとプーチン大統領の現状についてのインタビューを行った。

最近ウクライナ東部での開戦以来、最大の敗北はロシア内部の状況を劇的に変化させ、部分動員令の宣布とウクライナ内の占領地4地域(ドネツク・ルハンスク・ジャポリザ・ヘルソン)の合併決定もこれによるものだと述べた。クレムリン宮殿に近いある消息筋は「敗戦を選択できないプーチン氏は状況を急反転させるカードが必要だった」と説明した。

しかし、この過程でプーチン大統領は自分の計画をきちんと共有せず、各界の不満を買った。ある政府筋は「誰も何かを説明しなかった」と話し、他の消息筋も「プーチン氏はすべての人に異なることを言っている。経済だけでなく戦争もそうだ。協力体系がなく、すべてがめちゃくちゃだ」と伝えた。

メディアによると、多くの内部消息筋は「すでにロシアが動員令を下すことを予想していたが、その計画が具体的に調整されず混乱を招いた」と指摘した。

また、内部消息筋は、ロシア政府の高官のうち誰もプーチン大統領に戦争を止めなければならないという意見を出していないと伝えた。

2月にウクライナ侵攻が始まって数カ月間ロシア会計検査院のアレクセイ・クドリン長官などが戦争の結果を説明するために努力したが、今はそのようなことが起きていないとしたからだ。

また、「今回の戦争に対するロシア支配層の心からの支持はほとんどない」とし、彼らが辞任しない理由を尋ねると、「国外への片道飛行便を手に入れることはできるが、その次は何か。どこへ行って何ができるのか。1万ドル(約144万円)以上は持ち込むこともできない」と答えた。

テレグラフによると、内部消息筋の中で戦争に賛成する人と反対する人は皆戦争の具体的な最終目標を計ることは難しくても勝利以外には他のシナリオがないと答えた。政府に近いある消息筋は「今は部分的な動員令が下されたが、その後は大規模な動員があるだろう」とし「その次は戦術核兵器の使用になる可能性がある」と懸念を示した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기