본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスンSDI RE100加入…2050年まですべての事業場に再生可能エネルギー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サムスンSDIが3日、「親環境経営」を宣言した。写真はサムスンSDI器興(キフン)本社に設置されたESS(エネルギー貯蔵システム)。 写真提供=サムスンSDI

サムスンSDIが2050年までに炭素中立を達成すると宣言した。このために国内外のすべての事業場で再生可能エネルギーの使用比率を高める一方、バッテリー素材などのリサイクル拡大に努力する方針だ。

サムスンSDIは3日、「気候変動対応」と「資源循環」に焦点を合わせた8大課題を含む環境経営宣言を発表した。この日、サムスンSDIは最近「RE100(Renewable Energy 100%)イニシアチブ」に加入したと明らかにした。

RE100とは、企業が使用する電力量の100%を2050年までに風力・太陽光など再生可能エネルギーで満たすという国際的なキャンペーン。これに先立ちサムスン電子も先月15日にもRE100に加入したと明らかにしていた。

この日の宣言によると、サムスンSDIは2050年まで段階的に国内外の全事業場で再生可能エネルギーの比率を高めていく計画だ。

またLNG使用で発生する温室効果ガスを減らすためにLNGボイラーを電気ボイラーに変え、ドライルーム内の除湿機のスチーム使用量を減らす。またEUが推進するバッテリー規制に対応するため、バッテリーの製造と廃棄で発生する炭素排出量を減らしたカーボンフットプリント認証製品を拡大する計画だ。また、2030年まで会社が保有・レンタルする業務用車両を無公害電気自動車に転換し、充電インフラも拡大する。

さらにサムスンSDIは廃バッテリーによる環境への影響を最小化するのに注力する計画だ。コバルト、ニッケル、リチウムのような核心元素材を廃バッテリーからリサイクルする比率を高めていく。このため2019年から運営中のバッテリー回収・リサイクル体系「クローズドループ」を2025年までに中国や米国など全拠点に拡大する計画だ。

サムスンSDIは使い捨て用品の使用を最小化するため、2023年まで事業場内の入店会社の使い捨て用品使用量も減らす計画だ。崔輪鎬(チェ・ユンホ)社長は「環境経営は未来の世代のために企業が必ず実践すべき社会的責任であり、サムスンSDIが2030年にグローバルトップティア(Top Tier)企業になるために必須として備えるべき企業経営の核心競争力」と述べた。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기