본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「男性乗務員も希望すればスカートOK」 破格のユニフォーム規定を掲げた英国の航空会社

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

[写真 バージンアトランティック]

グローバル大型航空会社として初めて乗務員のタトゥー公開を認めた英国ヴァージン・アトランティック航空がスタッフの性別とは関係なく希望するユニホフォームを着ることができるように規定を整えて注目を浴びているとCNNが28日(現地時間)、報じた。男性でも希望するならスカートを履いて仕事をすることができ、女性乗務員もズボンを履くことができるということだ。

報道によると、バージンアトランティックは操縦士、客室乗務員を含むすべての職員が「自分自身を最もよく表現している」ユニフォームを選択して着用することができるようにする政策を発表した。以前までヴァージン・アトランティック空港は有名デザイナーのビビアン・ウェストウッド氏がデザインした2色のユニフォームのうち、女性乗務員は赤色、男性乗務員はバーガンディ色だけを着なければならなかった。だが、これからはスカートやズボンなどユニフォームを各自の希望で選択できるようになった。

また、使用側は職員が求める性別で呼ばれるように性別の代名詞が書かれたバッジ(徽章)も提供する。男性職員が求める場合、スカートを履いて「彼(he)」というバッジをつけて仕事をすることができる。出生当時の性別と自身が感じる性別が違うと考える職員も、希望する性別バッジを選ぶことができるという。

同社は発券システムでもすべてのジェンダー・アイデンティティを受け入れるべくアップデートした。2011年オーストラリアを皮切りに、米国やドイツなどで中立的性別「X」が書かれた旅券を発給し始めたが、このパスポートを所持している乗客が同社の航空券を予約する時、希望する性別コードを選択することができるようにした。

チーフコマーシャルオフィサーであるユハ・ジャービネン氏は「スタッフの個性を包容し、職場で本来の自分になれるよう励ますことが重要」とし「我々はスタッフが最も似合うユニホームを着て、希望する性別で呼んでもらえるようになってほしい」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기