본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国外交長官「尹大統領の歴訪を『外交惨事』と蔑む野党、同意できない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官

韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官が30日、「野党は今回の大統領の歴訪を外交惨事と蔑んでいるが、私はそれに同意できない」と述べた。

朴長官はこの日午前、ソウル外交部庁舎で記者らに対し、野党が前日に単独で自身の解任建議案を国会で可決したことについて「外交部も私個人も初めて経験すること」とし「我々の政治がなぜこれほどにまでなったのか何とも言えない心情だ」と述べた。

朴長官は「我々の国益、国格は我々が自ら守るべきだと考える」とし「したがって野党の叱責は国益外交にさらに尽くしてほしいという意味として傾聴する」と強調した。

続いて「今は政争をする時でなく国益を考える時だ」とし「そのような意味で外交部の首長としての任務に最善を尽くしていく考え」と前日に明らかにした立場を繰り返し確認した。

解任建議案の通過後に尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領から電話があったのかという質問には「あった」と答えたが、対話内容は明らかにしなかった。

また「混乱を招いたことについて謝罪が必要だと大統領に建議しなかったのか」という質問には、「今は良い悪いを問いただすよりも、より良い国益外交をするために自ら多くのことを考えて悩んでみるべきだろう」と答えた。


関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기