본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【時視各角】BLACKPINKとガールズグループ全盛時代=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
BLACKPINKのグローバル善戦と共に最近韓国市場では「ガールズグループパワー」が目を引く。今月19~25日、韓国内音源チャートMelOnのトップ10のうち8曲がガールズグループのBLACKPINK・少女時代・IVE(アイブ)・NewJeans(ニュージーンズ)の曲だった。特に新鋭IVEとNewJeansは強烈でインパクトのある、海外で好まれる典型的なK-POPスタイルではなく、イージーリスニング系列の大衆的音楽で旋風を巻き起こした。

このようなガールズグループの超強勢はアイドルのファンダムの基本動力が男性アイドルに対する少女ファンたちの「類似恋愛」に基づくという長い間の通念を改めて打ち崩した。ガールズグループのファン層も従来のおじさんファンでなくおばさんファンに拡大した。インターネット書店「アラジン」でIVEアルバム『After LIKE』の予約販売は女性が69%、男性が31%だった。女性でも40台が25%で最も高く、次が10台(22%)だった。消費力を備えた40代女性が若いガールズグループを積極的に消費しているという証拠だ。女性が女性アイドルを好み、育てるように応援して、姉妹愛を確認して、同時にワナビーとして羨望するということだ。BLACKPINKが代表的に見せるように、持って生まれたずば抜けた美貌、良い家庭の生まれ、身についたグローバル感覚と洗練されたマナー、名品で完成される「スーパーセレブ」「スーパーリッチ」のイメージが羨望の要諦だ。

伝統的にファンダムビジネスであるK-POPはスターのために喜んで財布を開く女性消費者を確保できるかどうかがカギだった。相対的にあまり財布を開きたがらないケチな男性ファンが多いガールズグループよりも女性ファンが多いボーイズグループがいつでも優位だった。ガールズグループはファンダムを超える大衆的ヒット曲を出せるかどうかで命運が分かれていた。

しかし世の中が変わった。ガールズグループのために財布を開く女性ファンが登場し、芸能事務所もガールズグループに注力する。さらにガールズグループはリスク管理にも強みがある。校内暴力疑惑で問題になったガールズグループのメンバーはいても、男性アイドルに比べて私生活問題で打撃を受けるケースが少ない。「軍白期(軍隊+空白期、入隊によるブランク)」もない。世の中が変化するので事務所が変化して産業が変化する。「ガールズグループ天下」はいつまで続くだろうか。今日、K-POP村で最も目を引く風景だ。

ヤン・ソンヒ/中央日報コラムニスト


【時視各角】BLACKPINKとガールズグループ全盛時代=韓国(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기