본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

歌手兼俳優パク・ユチョンさん、放送活動復帰は霧散…活動禁止仮処分取り消し申請を棄却

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

パク・ユチョン

歌手兼俳優パク・ユチョンさんの国内放送・芸能活動復帰にブレーキがかかった。パクさんが自身の放送活動を臨時に禁止した裁判所決定を取り消してほしいと申請したが、受け入れられなかったためだ。

27日法曹界によると、ソウル中央地裁民事合議第50部(ソン・ギョングン首席部長判事)は、パク・ユチョンが出した「放送出演・芸能活動禁止仮処分」の取り消し申請を棄却した。

これに先立ち、パク・ユチョンのマネジメント委託を受けた芸能事務所イエスペラ(現HAVE FUN TOGETHER)は、パク・ユチョンが専属契約に違反し、第三者と活動を図ったと主張し、昨年8月裁判所に仮処分申請を出した。

裁判所はイエスペラの申請を受け入れ、「本案判決確定時までパク・ユチョンさんはイエスペラ以外の第三者のためのアルバム・映像の制作、広報、宣伝、キャラクター事業、出演業務、芸能活動を行ってはならない」と命令した。

その後、イエスペラ側は新しい本案訴訟を提起する代わりに、同じ裁判所にパクさんを相手に進行中だった損害賠償請求訴訟に放送出演と芸能活動を禁止してほしいという内容を追加した。

パクさん側はこのような方式が適法でないと反論し、イエスペラが本案訴訟を提起してほしいという裁判所の提訴命令を期限内に履行しなかったので、仮処分決定を取り消すべきだと裁判所に訴訟を起こした。

しかし、裁判所はパクさんのこのような主張を受け入れなかった。

パクさんは来月公開を控えた映画『On The Edge』で5年ぶりにカムバックする予定だったが、この日の裁判所の決定でブレーキがかかるものとみられる。

これに先立って、パクさんは2019年ヒロポン使用の疑いで拘束起訴され懲役10カ月、執行猶予2年を言い渡された。起訴される前に記者会見を開いて芸能界引退を宣言したが、1年ぶりに覆して復帰を宣言した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기