본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ナナ「タトゥーは個人的な選択…作品の影響はなかった」

ⓒ 中央日報日本語版

ナナ(写真提供=『Grazia』)

AFTERSCHOOL(アフタースクール)元メンバーで女優のナナが最近話題になったタトゥーについて言及した。

27日午前、ソウルのCGV竜山(ヨンサン)アイパークモールで行われたネットフリックスオリジナルシリーズ『グリッチ-青い閃光の記憶-』の制作発表会にチョン・ヨビン、ナナとともにノ・ドク監督が参加した。

『グリッチ』でナナは「エイリアンフォロワー」のホ・ボラ役を演じ、ヒッピーパーマと体に入れたタトゥー、ビンテージスタイルの衣装などで特色ある雰囲気を振りまいた。

最近ナナは映画『自白』の制作発表会でブラックのミニドレスを着て全身に描かれたタトゥーを自慢した。今回の役を通じて影響を受けたという質問にナナは「ボラのために関心を持つことになったのではない。私がしたくてすることになったタトゥーだ」と答えた。

続けてナナは「いつか私がなぜこのタトゥーをしたのか、しなかったのか話すことになる日がくるのか、こないかはわからない。ただ、タトゥーは個人的な選択だった」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기