본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BLACKPINK、ビルボードのアルバムチャートで首位…K-POPガールズグループ初

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

先月MTVビデオ・ミュージック・アワード(VMA)に参加したBLACKPINK。[VMAツイッター キャプチャー]

ガールズグループのBLACKPINKがK-POPガールズグループとしては初めて米国Billboard(ビルボード)のメインアルバム チャート「Billboard 200」で首位に立った。

25日(現地時間)、ビルボードはチャート予告記事を出し、BLACKPINKの2ndアルバム『BORN PINK』が10月1日付のビルボード総合アルバムチャート「Billboard 200」で初登場1位をマークしたと明らかにした。2008年米国ガールズグループのダニティ・ケイン以来、14年ぶりに「Billboard 200」で1位を記録した女性グループのアルバムになった。

K-POP女性歌手のアルバムとしては初の該当チャート1位だ。K-POP全体で見ても、BTS(防弾少年団)やSuper M、Stray Kids(ストレイキッズ)に続いて4度目の快挙。

BLACKPINKが頂点に立ったことによって「Billboard 200」で11週間1位を独走していたバッド・バニーは2位にダウンした。

ビルボードは「今年の『Billboard 200』で1位をマークした2組のK-POPアルバムがほぼ韓国語で構成されているものとは違い、『BORN PINK』はアルバムのほとんどが英語」と評価した。

「Billboard 200」は実物の音盤など伝統的なアルバム販売量に、ストリーミング回数をアルバム販売量に換算した数値(SEA)、デジタル音源ダウンロード回数をアルバム販売量に換算した数値(TEA)を合算してアルバム消費量を算出し、ランキング形式で発表している。

BLACKPINKの『BORN PINK』は実物の音盤7万5500枚、SEA2万5000枚、TEA1500枚であることが集計で分かった。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기