본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

600億ドルのARM買収戦…サムスン副会長、孫正義氏と会う

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長

李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が来月、孫正義ソフトバンク会長に会い、ARMの未来の下絵を描く。ARMは英国の半導体設計専門企業であり、全世界モバイルアプリケーションプロセッサ(AP)設計の90%を掌握している。半導体・金融投資業界によると、サムスン電子はいかなる形態であれARM買収で影響力を行使できる投資をする見通しだ。李在鎔副会長は21日、半月間の海外日程を終えて帰国し、ARM買収説に関する質問に「来月、孫会長がソウルに来る。(ARM関連の)提案をすると思うが、よく分からない」と述べた。具体的な言及は避けたが、サムスン電子のARM買収または出資が迫っていることを示唆したのだ。孫会長も李副会長と会うことを公式的に確認した。ブルームバーグ通信は同日午後、ソフトバンク側の話として、「孫会長は『(ソウル)訪問を期待している。サムスンと戦略的同盟(Strategic Alliance)について対話をする』と述べた」と伝えた。業界は今回2人がARMの未来について議論するとみている。1990年創業のARMは、モバイル機器の頭脳に該当するAP設計分野で独歩的な企業だ。AP半導体を設計し、知的財産権を販売して収益を得る。サムスン電子、クアルコム、アップル(モバイルAP)、エヌビディア(GPU、グラフィックプロセッサ)すべてがARMの設計を基礎にしている。ソフトバンクは2016年に314億ドルでARMを買収した。孫正義会長は「100年先を眺めた投資」と満足感を表したが、孫会長が運用する「ビジョンファンド」の相次ぐ投資失敗で昨年ARM売却を進めた。米エヌビディアが関心を示したが、米国・英国の反独占機構の承認を得られず実現しなかった。現在はサムスン電子、SKハイニックス、米国のインテル、クアルコムなどが買収候補だ。SKハイニックスは3月、コンソーシアム形態でプレIPO(上場前事前投資誘致)に参加すると宣言した。クアルコムとSKハイニックスが連合するという見方もある。李副会長が5月、インテルのゲルシンガー最高経営責任者(CEO)とソウルで会ったことをめぐり、サムスン電子とインテルが連合するという推測も出ている。孫会長はひとまず企業公開(IPO)を通じて保有株を分散させる方針という。当初、米ナスダックに上場する予定だったが、英国政府の強い要請でロンドン証券取引所(LSE)上場に傾いたという報道があった。半導体企業がARMを単独買収するには障壁が高いというのが専門家らの予想だ。エヌビディアのように反独占規制機関の承認を受けるのが難しいうえ、競合他社の反対も激しいからだ。さらに金額も大きい。現在のARMの企業価値は、昨年のエヌビディアの買収予定金額(400億ドル)を大きく上回る最大600億ドル(約85兆ウォン、約8兆6000億円)にのぼると予測される。サムスン電子の投資状況に詳しい業界関係者は「サムスン電子が財務的投資家(FI)参加、共同取得などさまざまな選択肢の中でARMに影響力を最も大きく発揮できる案を暫定的に決定したと聞いている」と話した。韓国科学技術院(KAIST)のキム・ジョンホ電機電子工学部教授は「サムスン電子がARM株を取得すれば自然に影響力を拡大し、システム半導体の競争力を高めることができる」とし「コンソーシアムによる共同取得は費用の負担も減らし、寡占論争も避けることができるだろう」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기