본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国野党院内代表「尹大統領、手ぶら・卑屈・暴言事故外交…国の品格失墜」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

「共に民主党」の朴洪根院内代表が22日に国会で開かれた政策調整会議で冒頭発言をしている。キム・ギョンロク記者

野党「共に民主党」の朴洪根(パク・ホングン)院内代表は22日、国連総会出席のためニューヨークを訪問している尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領に対し、「手ぶら外交、卑屈外交に続き尹大統領の暴言事故外交で韓国の国の格まで大きく失墜した」と批判した。朴院内代表はこの日の国会政策調整会議で尹大統領とバイデン米大統領との「48秒間の歓談」に言及し、「会議場を出て卑俗語で米国議会をこき下ろした発言がそのまま映像に写っており大型外交事故として大きな物議をかもした」と指摘した。バイデン大統領との歓談をめぐっては「バイデン米大統領と会議場で48秒間立って交わした短い対話がまさか首脳会談のすべてであると信じたくない。それがすべてならば電気自動車補助金差別、半導体・バイオ圧力など重要な経済懸案をひとつも解決できないもので本当に心配」と繰り返し批判した。朴院内代表は「事前対応、事後調整をできない実務外交ラインの無能だけでも足りず大統領自ら品格だけ引き下げた。首脳外交の目的も戦略も成果も皆無の国際外交の恥さらし惨事に対し責任を負わなければならないだろう」と猛非難した。朴院内代表は日本の岸田文雄首相との「30分間の会談」に対しても「過程も結果も屈辱的だった。快く合意したという韓日首脳会談は具体的議題すら確定していない会合にすぎなかった。深夜に日本の首相がいる所まで訪ねて行きようやく実現した30分ほどの出会いは一方的な求愛で太極旗の設置もなくどうにか向き合って座った卑屈な姿だった」と批判した。続けて「強制徴用など過去史問題に対する進展はまったくなかった。手ぶら外交、卑屈外交に対する懸念が現実化した」と指摘した。その上で「あたかも物乞いをするように外交するのは本当に植民地の歴史を持っているわれわれ大韓民国国民と歴史を軽く考えているのではないか。韓日関係が改善されなければならないという話をだれもできないのではない。問題は有能さを備え韓国の要求事案も貫徹して関係を(維持)するということ」と付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기