본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】文在寅の世界観、尹錫悦の世界観(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

【コラム】文在寅の世界観、尹錫悦の世界観

すばらしい小説や映画には人を魅了させる「世界観」がある。特にSFやファンタジージャンルがそうだ。例えば、映画にも作られたフランク・ハーバートの小説『デューン』には、決して1、2つの文章で要約できない巨大な想像力の世界が盛り込まれている。スパイスの惑星アラキスから始まり、全宇宙に伸びた人類の進化が描かれている。

魅力的な世界観には自分を取り巻く世界がどのように構成されているのか、このような世界でどこに向かうべきかに対する判断が混ざっている。

世界観を実際の「現実世界」を眺める枠組みとして活用してはどうだろうか。冷戦時代の米ソ対決は同じ世界観から出発した2人の子どもたちが成長してから起きた対決といえる。共産主義であれ資本主義であれ、いずれもキリスト教と封建制、産業革命を共有した欧州が母体だった。ただ、方向がプロテスタント倫理と資本論の正反対に分かれた。これに対して、中国が掲げた新型大国関係は、自分たちが天下を号令した数百年前の時空間を現在に持ってきたいということだ。

世界観は韓国政治を眺めるプリズムとしても利用できる。私が生きている韓国社会がどうなのかに対する認識と、それでは私たちはどこに向かっていくかに対するビジョンを提示するのが政治だという点からだ。

文在寅(ムン・ジェイン)政府が政権継続に失敗したのは、根本的に進歩派と民主党が描く世界が現実の難題を解決することができなかったためだ。中国との距離を縮めることで、米国中心の韓半島(朝鮮半島)の秩序に「バランス」を追求したが、中国は韓国を抱きしめることも、北朝鮮の核を抑制することもできなかった。まだ中国は米国に代わる国ではない。北朝鮮の非核化の代価は金正恩(キム・ジョンウン)体制の保障であり、北朝鮮もこれを韓国がやってくれると信じていないため、結局米国を説得すべきだった。

しかし、米国が手をこまねいて南北協力をしたため、北朝鮮は下品な悪口で関係を終結した。所得主導成長も不動産政策も現実診断から外れた。何よりも文在寅政府と民主党は、悪の勢力ダース・ベイダーに対抗する善良な連帯という映画でしか見たことのない「スター・ウォーズ的世界観」を持っていたので失敗した。韓国社会を味方と積弊という二分法に分けた後、支持層の怒りを結集して政権動力にしたのだから怒りを供給し続けてこそ生存する世界観だった。

結局、作用には反作用が伴われるものだ。ニュートンの運動法則は物理学だけでなく人間社会でも作動する。積弊と罵倒された人々は政権継続だけは阻止したいと結集し、政権を交代させた。


【コラム】文在寅の世界観、尹錫悦の世界観(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기