본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

俳優イ・サンボ「麻薬俳優の汚名、耐え難い…虚偽事実には強硬対応」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

俳優イ・サンボ[写真 KBS]

俳優イ・サンボが「絶対に麻薬を使用しなかった」として「虚偽事実流布に強硬に対応する」と明らかにした。イ・サンボは14日、自身のインスタグラムに「皆が楽しく幸せに過ごす連休にご迷惑をおかけした点、心よりお詫び申し上げる」と話した。また「その日は長い間服用してきた薬でも心を治めることができず、お酒を一杯飲んだのが良くない事件の端緒になった」とし「ここ数年間、家族を一人二人と送り、薬にさらに依存して今は安定剤なしには憂うつになる弱い人間になった」と吐露した。また「だが、どこかで見守っている家族に恥ずかしい人生は生きないように努力した。ところが、気が付いたら『麻薬俳優』と呼ばれる人間になった」と話した。イ・サンボは「私は絶対に麻薬を使用しなかった。麻薬俳優という汚名は俳優である前に、人間として非常に耐え難い」とし「誤解を解き、私の名誉を回復するために最善を尽くす」と強調した。また、「今後、警察の調査にも忠実に臨み、虚偽事実の流布にも強硬に対応する」と付け加えた。最後に「今後神経安定剤がなくても明るい姿をお見せできるよう努力する」と話した。これに先立って、10日、警察は薬に酔ったかのように見える男性が街を走り回っているという情報提供を受けて出動し、麻薬使用の疑いでイ・サンボを逮捕した。簡易麻薬検査の結果、麻薬類の陽性反応が出ており、イ・サンボはうつ病の薬物を服用して起きたことだと釈明した。警察は、イ・サンボの自宅から錠剤数十錠を発見し、国立科学捜査研究院に薬物成分の検査と精密分析を依頼したと明らかにした。警察は今後、使用ルートなど正確な事件の経緯を調査する予定だ。一方、イ・サンボは2006年KBSドラマ『透明人間チェ・ジャンス』でデビューし、『RUGAL/ルーガル』『私生活』『ミス・モンテ・クリスト』などに出演した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기