본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「BTS軍隊行くべきか」…韓国ネット上で賛否討論が始まった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ボーイズグループBTS(防弾少年団)が4月3日(現地時間)、米国ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開かれた第64回グラミー授賞式で記念撮影を撮っている。[写真 Big Hitミュージック]

韓国のSNS「サイワールド」がボーイズグループBTS(防弾少年団)の兵役特例適用を巡り賛否討論および投票を始めた。サイワールドは14日、メタバースプラットフォーム「サイタウン」の中の討論の場「サイアゴラ」で「韓国大衆文化のグローバル化に先に立っているBTSに兵役特例を与えなければならない」というテーマで討論を開催したと明らかにした。サイアゴラはサイワールドのメンバーを対象に最近話題になっている社会イシューに対する賛否投票を進めるサイタウンの参加型コンテンツだ。投票結果はサイアゴラ内の電光掲示板に表示されてメンバーはコメント欄を通じて自由に意見を交わすこともできる。BTS兵役特例の賛否討論と投票は22日までに行われる予定だ。サイタウンの運営社cyworld Zの関係者は「サイアゴラを通じて最近最も熱い話題である『BTS兵役特例』に関連して20代~40代のメンバーの意見を聞くことができて、今から期待される」と明らかにした。一方、グローバルスターの地位を認められているBTSの兵役特例を巡り、主務部署である国防部・兵務庁が頭を悩ませている。最年長のJIN(30・本名キム・ソクジン)は年末まで兵役が延期されている状態で、新年になれば入営通知対象となる。2024年には93年生まれのSUGA(本名ミン・ユンギ)が、2025年には94年生まれのRM(本名キム・ナムジュン)とJ-HOPE(本名チョン・ホソク)が順次軍入隊を控えている。一部の人々はBTSの兵役特例を望む反面、国防部・兵務庁は公平性と公正性を考慮して慎重な態度を見せている。朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)釜山(プサン)市長は「2030釜山世界博覧会(エキスポ)」誘致のために広報大使であるBTSが芸術・体育要員代替服務制度の適用を受けられるようにしてほしいと大統領室に公開的に建議した状況だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기