본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

『イカゲーム』、米最高権威の「エミー賞」作品賞に挑戦…非英語圏作で初

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

『イカゲーム』 [写真 ネットフリックス]

ネットフリックスの韓国シリーズ『イカゲーム』が米国最高権威賞であるエミー賞に挑戦する。非英語圏作では初めて作品賞に挑戦し、新しい歴史を書くことになるか注目される。

米テレビ芸術科学アカデミーは、韓国時間13日午前9時(現地時間12日)、第74回エミー賞授賞式を行う。『イカゲーム』は作品賞を含む監督賞、脚本賞、主演男優賞(イ・ジョンジェ)、助演男優賞(パク・ヘス、オ・ヨンス)、助演女優賞(チョン・ホヨン)の6部門にノミネートされた。

5日(現地時間4日)に開かれたプライムタイム・エミー賞授賞式ではゲスト賞(イ・ユミ)や視覚効果賞、スタントパフォーマンス賞、プロダクションデザイン賞部門を受賞し、4冠に輝いた。

特に、今までエミー賞では英語ではない言語で作られたドラマは作品賞にノミネートされたことがないため、初めてノミネートされた『イカゲーム』が受賞するかどうかに多くの関心が集まっている。

最近多様性を尊重する米国授賞式の雰囲気を考えると、受賞の可能性が小さくないという観測が出ているが、競争作も侮れないという評価だ。作品賞の競争候補は『メディア王~華麗なる一族~』(HBO)、『ユーフォリア/EUPHORIA』(HBO)、『ベター・コール・ソウル』(AMC)、『セヴェランス』(アップルTV+)、『ストレンジャー・シングス』(ネットフリックス)、『オザークへようこそ』(ネットフリックス)、『イエロージャケッツ』(ショータイム)の7作品だ。

『イカゲーム』の主役たちも今回の授賞式で韓国俳優としては初めて演技賞に挑戦する。韓国系カナダ人のサンドラ・オが13回もノミネートされたことはあるが、受賞には成功しなかった。

主演男優賞候補のイ・ジョンジェは、全米映画俳優組合賞、インディペンデント・スピリット賞、クリティクス・チョイス・アワードの受賞に続き、エミー賞まで受賞を狙っている。競争候補としてはジェレミー・ストロング(『メディア王~華麗なる一族~』)、ブライアン・コックス(『メディア王~華麗なる一族~』)、アダム・スコット(『セヴェランス』)、ジェイソン・ベイトマン(『オザークへようこそ』)、ボブ・オデンカーク(『ベター・コール・ソウル』)などがいる。助演男優賞ではオ・ヨンスとパク・ヘスが競争する。チョン・ホヨンも助演女優賞の候補にレイ・シーホーン(『ベター・コール・ソウル』)、ジュリア・ガーナー(『オザークへようこそ』)、パトリシア・アークエット(『セヴェランス』)、クリスティーナ・リッチ(『イエロージャケッツ』)、J・スミス・キャメロン(『メディア王~華麗なる一族~』)、サラ・スヌーク(『メディア王~華麗なる一族~』)、シドニー・スウィーニー(『ユーフォリア/EUPHORIA』)などと選ばれた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기