본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

英保守党重鎮の貿易特使「新しい原発建設に韓国の参加を希望」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

先月31日、水素産業専門展示会「H2 MEET」(旧水素モビリティー+ショー)で祝辞を述べた英国のウィッティングデール英貿易特使。[写真 在韓英国大使館]

韓国との産業交流の接点を探すために訪韓した英国のジョン・ウィッティングデール韓国担当貿易特使が原発追加増設に韓国企業の参加を要請した。

ウィッティングデール特使は最近、ソウル光化門(クァンファムン)で中央日報の単独インタビューに応じ、「英国に原発を新しく追加で建設する予定」とし「韓国企業も参加することができる」と述べた。また「韓国がエジプトの原発事業を受注したことを知っている」とし「優秀な韓国原発企業に関心がある」と伝えた。

6日に退任したジョンソン英首相は7億ポンド(約1兆1000億ウォン)相当の原発投資計画を在任中の最後の公式日程で発表した。英政府が昨年、大規模な新規原発プロジェクトに充てた17億ポンド(約2兆7000億ウォン)の一部だ。ジョンソン首相は1日、イングランド東部の原発建設予定地を訪問し、「原発の建設が進行すると確信する」と述べた。「そうならなければ狂っている」という過激な表現まで使ってエネルギー分野を強調した。

◆「優秀な韓国原発企業に関心」

ジョンソン首相とともに英保守党を率いたウィッティングデール特使は2020-21年、メディア・データ担当相を務めた。5月に貿易特使に任命された後、今回初めて韓国を訪問した。2012年から任命されている貿易特使は現在32人が67の地域を担当している。

ウィッティングデール特使は1997年に国会議員資格で訪問して以来25年ぶりの訪韓となる。今回の訪韓ではソウルと釜山(プサン)を訪問し、政界・官界・財界関係者と幅広く会った。ウィッティングデール特使はまず「新任のリズ・トラス首相もボリス・ジョンソン前首相が進めた保守党のエネルギー政策に従うだろう」と強調した。

ウィッティングデール特使は「ロシアのウクライナ侵攻以降、欧州は深刻なエネルギー危機を迎えている」とし「英国は北海油田をから天然ガスの一部の供給を受けていて、幸い、ロシアのガス供給停止を避けているが、電気料金の上昇など世界と同じくインフレを迎えている」と伝えた。そして「個人的に原発への投資が遅れていると考える」とし「今回新しく建設する原発は予定より10年ほど後に稼働すると予想される」と話した。

ウィッティングデール特使は先月31日に京畿道高陽市(コヤンシ)韓国国際展示場(KINTEX)で開催された世界最大規模の水素産業専門展示会「H2 MEET」(旧水素モビリティー+ショー)に出席して祝辞を述べ、展示場を見回った。ウィッティングデール特使は「英国は水素をはじめ、風力やバイオなど代替エネルギーに積極的」とし「水素エネルギーは特にトラックやバス、航空機の運航に適したエネルギーとみている」と述べた。

欧州連合(EU)議会が2035年からガソリン・軽油車の販売を禁止するという方針に基づき、フランス・ドイツなどではエコカー転換ペースが速まっている。英国はEUを離脱したが、環境政策では似た流れを見せている。ウィッティングデール特使は「伝統的な自動車企業の反発も一部あるが、環境保護のために欧州各国政府が二酸化炭素を規制する方向に進むことに変わりはない」と伝えた。

◆「IRAによる韓国自動車企業の問題を理解」

産業通商資源部は1日、安徳根(アン・ドクグン)通商交渉本部長がウィッティングデール特使に会い、北米産電気自動車を優待する米インフレ削減法案(IRA)の差別的要素に対する憂慮を共有したと明らかにした。

ウィッティングデール特使はこの日のインタビューで「英国にはアストンマーティン、ジャガー、ランドローバーなど高級車ブランドがある」とし「ホンダと日産、トヨタのような日本自動車企業が欧州市場攻略のために英国で生産したりもする」と伝えた。また「IRAによる韓国自動車企業の問題を理解している」とし「英国でも似た悩みがある」と伝えた。ただ、バイデン米政権の自国保護主義に対する具体的な立場を尋ねると、「政治的なテーマになりかねない」として言葉を控えた。

韓国のコンテンツ産業にも関心を見せた。今回の訪韓中にSMエンターテインメント本社を訪問し、K-POP成長の可能性を視察した。ウィッティングデール特使は「K-POPをはじめ、ゲーム産業など韓国のコンテンツはデジタルを通じて世界でさらに成長する可能性がある」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기