본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<台風11号>10分で水に浸かった地下駐車場の悲劇…警察68人が捜査チームを立ち上げた=韓国 

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

台風11号に直接影響を受けた慶北浦項のあるマンションの地下駐車場で浸水による行方不明者7人が発生した。[写真 慶北消防本部]

警察が「慶北浦項(キョンブク・ポハン)マンション地下駐車場」浸水事故に関連した捜査チームを作ることにした。慶北警察庁は7日「捜査部長をチーム長とした68人規模の捜査専担チームを設ける予定」と明らかにした。

円滑な捜査のために警察は広域捜査隊を通じて6日浦項市南区仁徳洞(ナムグ・インドクドン)のマンションの管理事務所で地下駐車場浸水事故発生当時、閉鎖回路(CC)テレビ画面ファイルを丸ごと入手し、現在分析作業に乗り出した。警察は地下駐車場に水が抜け、行方不明者の捜索作業が終われば、住民の聞き込み・関連者の調査などを通じて正確な原因と過失の有無を把握する方針だ。

これとは別に、浦項市は地下駐車場浸水事故の原因となったマンション近隣河川である冷川(ネンチョン)氾濫の原因を把握している。冷川はマンション前の道路である海兵(へビョン)路を挟んでマンションの正門と約150メートル離れている。あるマンションの住民は「河川があふれ、あっという間に大量の水が押し寄せた。水が押し寄せ、地下駐車場が完全に浸水するのに10分程度しかかからなかった」と話した。

浦項市関係者は「(現在まで把握した結果)冷泉は80年周期で床の堆積物を削って氾濫を防ぐが、1時間当たり最大77ミリが限界だ。今回110ミリ以上の豪雨が降り、惨事につながったとみられる」と説明した。

浦項市は地下駐車場の捜索作業が終われば、事故収拾対策チームを設置し、全体的なマンション事故収拾を支援する予定だ。慶尚北道とともに浦項を特別災難地域に指定するための取り組みも伴われる。

台風11号が慶北東海岸を強打し浦項が大きな被害を受けた。浸水とどもに停電、土砂崩れが発生し、住民数百人余りが避難した。水があふれた町には海兵隊装甲車が出動したほどだ。5日午後から6日午前の間に450.5ミリ、1時間当たり最大104.5ミリの雨が降った。

集中豪雨で仁徳洞マンション団地の地下駐車場に車を移しに行ったところ、行方不明になった住民など9人が救助された。7日消防当局によると、6日午後8時15分から同日午前2時15分の間に救助された9人のうち、39歳の男性と52歳の女性は生存した状態で病院に運ばれた。しかし、70歳男性1人、65歳女性1人や68歳男性1人、身元不明の50代男女それぞれ1人、20代男性1人、10代男性1人の計7人は心停止状態で発見された。

浦項市は今回の台風による被害額が2000億ウォン(約207億円)に達すると推算した。道路流失418件、河川被害250件、土砂崩れ70件、橋梁破損102件などが発生し、公共施設被害額だけで300億ウォン、1万1900件の住宅商店街破損、800ha(ヘクタール)の農作物浸水などで私有施設への被害額も1700億ウォン程度となった。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기