본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本首相に「友情」語ったペロシ氏、訪韓所感は「米軍見てきた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

4日に板門店(パンムンジョム)を訪問したペロシ米下院議長 ツイッター

ペロシ米下院議長は5日、アジア歴訪を締めくくる記者会見で、韓国を訪問した理由について、在韓米軍激励と板門店(パンムンジョム)訪問を挙げた。

今回ともに訪問したシンガポール、マレーシア、台湾、日本については首脳との交流または会談に言及し、歓迎されたと明らかにしたのと差がある。ペロシ議長が1~5日の5日間に5カ国を訪問しながら国家首脳と直接会えなかったのは尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が唯一だった。

ペロシ議長はバイデン米大統領のアジア政策を議会次元で後押しするために今回の歴訪を推進したと明らかにしたが、韓国訪問の感想は歴訪目的とややかけ離れて説明した。

◇「安全保障・経済議論…聞いて学んで観点共有」

ペロシ議長はこの日最後の訪問国である日本の米国大使館で記者会見を行った。ペロシ議長は「立派な(wonderful)日本訪問、生産的な(productive)訪問を可能にしたエマニュエル大使と職員に感謝する」と話し始めた。

続いて先週訪問したアジア5カ国を順に紹介した。

ペロシ議長は「シンガポールを訪問して首相と会い、大統領とも会った。女性大統領はわれわれには若干楽しくなることだった」と話した。引き続き「何より重要なのは安全保障、経済、ガバナンスを議論し、聞いて、学び、観点を共有したこと」と付け加えた。

ペロシ議長は1日にシンガポールのリー・シェンロン首相、シンガポール初の女性大統領であるハリマ・ヤコブ大統領とそれぞれ会った。

ペロシ議長は「それからマレーシアに行ったが、非常に肯定的な(positive)方法で歓迎された。私が歓迎されたというのはわれわれが代表する(バイデン)大統領のイニシアチブが歓迎されたという意味」と説明した。2日にマレーシアのイスマイル・サブリ首相と昼食会談をした。

ペロシ議長は「それから台湾に行った。やはり安全保障と経済、ガバナンス(を議論する)非常に肯定的な(positive)会談をした」と紹介した。3日に蔡英文総統と会談した。

◇「在韓米軍に敬意表わしに韓国に行った」

ペロシ議長は続けて「次に韓国に行った。そこにあるわが軍である2万8000人と彼らの家族に敬意を示し、彼らの勇気に感謝し、(韓国)政府に歓待(hospitality)に対する謝意を表するために行った」と話した。

また「われわれは板門店を訪問した。北朝鮮の攻撃性、攻撃の可能性の側面で北朝鮮の脅威に非常に焦点を合わせた」と紹介した。

韓国訪問を要約しながら、尹大統領との電話会談や金振杓(キム・ジンピョ)国会議長との会談に対する言及はなく在韓米軍激励と北朝鮮の脅威への対応を訪問の主目的と説明した。

◇「岸田首相と友情に関する肯定的会談」

ペロシ議長は「日本では非常に印象的な(impressive)会議をした」としながら「安全保障と経済とガバナンスの側面ですでに成功を収めている新しい首相を祝った。われわれの立場で印象的だった」と明らかにした。

ペロシ議長は「岸田文雄首相があなたの台湾訪問に支持を表明したか」という質問に「首相と交わした対話を漏らすことはないだろう。だがわれわれの友情に関する非常に肯定的な会談をしたと話したい」と答えた。

ペロシ議長は「(日本は)地球上で最も重要な地域にあるわれわれの最も親しい友達。われわれは首相の言葉を尊敬の気持ちで傾聴し、意見を交わした」と付け加えた。

ペロシ議長は今回のアジア歴訪はバイデン大統領が安全保障、経済、ガバナンスの側面でアジア地域に焦点を合わせていることに対する後続措置の性格だと規定した。

バイデン政権のアジア政策に協力するために議会ができる役割を探すためにきたと説明した。また、同盟の声を聞き、彼らから学ぶためだったと訪問趣旨を紹介した。

台湾訪問をめぐるホワイトハウスとの衝突説などを意識したようにバイデン大統領を「偉大な大統領」と呼び、アジア地域に対するバイデン大統領のリーダーシップに議会代表団が従うためにアジア歴訪をしたと明らかにした。

バイデン大統領は5月に就任後初めて韓国と日本を訪問しアジア政策を本格始動した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기