본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、6月経常収支2カ月連続黒字だが…1年前より規模縮小

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

昨年12月1日、釜山南区(プサン・ナムグ)戡湾(カムマン)ふ頭で輸出用コンテナ船舶に船積みをしている。ソン・ポングン記者

韓国は今年6月の経常収支が2カ月連続で黒字を記録したが、原材料など輸入価格の上昇で黒字規模は1年前より30億ドル以上縮小した。

6月を含む上半期累積経常収支黒字は、ひとまず韓国銀行(韓銀)の見通しを上回ったものの、対中輸出の減少傾向などが続く場合、今年全体500億ドルの黒字達成はまだ大言壮語することができない状況だ。

韓銀が5日に発表した国際収支の暫定統計によると、6月経常収支は56億1000万ドル(約7474億円)の黒字だった。今年上半期の累積黒字は247億8000万ドルで、韓銀が5月に予想していた210億ドルを上回った。

韓国経常収支は2020年5月以降今年3月まで、23カ月連続黒字を維持し、4月の輸入急増と海外配当が重なって赤字を出し、5月は黒字転換に成功した後、2カ月間黒字基調を継続した。だが、6月の黒字額は昨年同じ月(88億3000万ドル)に比べて32億2000万ドル減少した。

項目別に見ると、貿易収支黒字が1年前に比べて39億6000万ドル少ない35億9000万ドルにとどまった。輸出(595億3000万ドル)が石油製品などを中心に9.1%(49億5000万ドル)増えたが、輸入(559億4000万ドル)の増加幅(18.9%・89億1000万ドル)が輸出の2倍を超えたためだ。

何よりも6月通関基準として原材料輸入額が昨年同じ月に比べて28.9%増えた。原材料のうち石炭、原油、石油製品、ガスの輸入額増加率は各189.0%、53.1%、27.7%、27.4%に達した。半導体(37.0%)、半導体製造装備(6.8%)など資本材の輸入額も13.7%増加した。

しかも輸出増加幅は対中輸出の不振などのために縮小する傾向だというのが韓銀の説明だ。実際、6月通関基準で中国輸出額は1年前に比べて0.8%後退した。

サービス収支は4億9000万ドルの赤字を記録した。5月に続き2カ月連続の赤字だが、赤字幅は1年前より5億3000万ドル減少した。

サービス収支の中で特に運送収支黒字規模が1年間11億2000万ドルから16億5000万ドルへと5億3000万ドル増えた。

6月船舶コンテナ運賃指数(CCFI)が1年前より30.0%も上がるなど輸出貨物の運賃が高い水準を維持したためだ。

だが、防疫緩和などの影響で旅行収支赤字額(-6億9000万ドル)は昨年6月(-4億9000万ドル)に比べて2億ドル多かった。

本源所得收支の黒字規模(27億7000万ドル)は1年前(25億6000万ドル)と比較して2億1000万ドル拡大した。

証券投資配当収入の増加により配当所得収支黒字が16億9000万ドルから21億1000万ドルに4億2000万ドルも増えたことで最も大きな影響を受けた。

金融勘定の純資産(資産-負債)は6月中に40億6000万ドル増えた。

直接投資の場合、内国人の海外投資が38億1000万ドル、外国人の国内投資は8億3000万ドル増加した。

証券投資では内国人の海外投資が23億ドル増加したが、外国人の国内証券投資は14億5000万ドル減少した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기