본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ウクライナ「ロシア、捕虜施設虐殺の情況…砲撃前に事前に墓穴作り」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ロシアの攻撃で破壊されたハルキウ(ハリコフ)の学校

ウクライナとロシアが責任の攻防を行っている東部オレニウカの捕虜収容所砲撃事件に関して、ロシア軍が自作自演を行った情況が確認されたとウクライナが主張した。

4日(現地時間)、ニューヨークタイムズ(NYT)によると、ウクライナ高官らは前日、キーウ(キエフ)で説明会を行い、「先月29日、オレニウカ収容所で数十人が死亡した砲撃事件は、ロシアが犯した戦争犯罪という証拠を確保している」と述べた。

高官らはその根拠として、事件発生前にロシア軍が事前に大量の死傷者発生に備えて準備作業を行った情況があるとし、その証拠を提示した。当時、砲撃が起こる前に撮られた収容所の衛星写真を見ると、団地内に墓穴と見られるものが新しく生じたということだ。

NYTは衛星業者メクサテクノロジーとプラネットラボから出た写真を分析した結果、先月18日~21日、収容所団地の南側に約15~20個の穴を掘った跡が発見されたと伝えた。これらの穴は、最初は横1.8~2.1メートル、縦3~4.9メートルの大きさだったが、その後一部は2つを繋げたものもあったとNYTは説明した。ただ、これらの用途が実際に墓穴だったかははっきりしていない。

ロシアはウクライナがハイマースで収容所を攻撃したと主張し、ウクライナはロシアが収容所内の拷問の証拠などを隠蔽するために一種の自作自演を行ったとして対抗している。ウクライナとロシアは客観的な真実究明のために国連(UN)と国際赤十字委員会(ICRC)に調査を求めた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기