본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

秘書に性的暴行の元忠清南道知事が出所…心境問われても返答せず=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

安熙正(アン・ヒジョン)元忠清南道知事

随行秘書に性的暴行をした容疑で実刑が確定し収監生活をしてきた安熙正(アン・ヒジョン)元忠清南道(チュンチョンナムド)知事が4日に出所した。安元知事はこの日午前7時55分ごろ、京畿道(キョンギド)の驪州(ヨジュ)刑務所正門前に姿を表わした。白いシャツに黒のスーツを着て個人の持ち物が入った透明なバッグを左手に持っていた。安元知事は自身を待つ故郷の友人ら10人余りと握手をしながらあいさつを交わした後、取材陣に向かっておじぎしてあいさつした。彼は出所の心境などを問う言葉には何も答えなかった。安元知事は正門前に待機していた車に乗ってその場を離れた。この日現場には安元知事の学生時代の友人という「共に民主党」のカン・ジュンヒョン議員とキム・ジョンミン議員ら知人60人ほどが集まったという。安元知事は出所後、収監前に住んでいた京畿道楊平郡(ヤンピョングン)で静かに過ごす考えだ。安元知事は2017~2018年に自身の随行秘書であったキム・ジウンさんを相手に10回以上にわたり性的暴行やセクハラをした容疑(業務上威力による姦淫)で起訴された。2018年8月に開かれた1審は安元知事の威力行使を認めず無罪を宣告したが、翌年2月に行われた2審は原審を破棄し安元知事に懲役3年6月を宣告した。この判決は2019年9月に大法院(最高裁)で最終確定した。安元知事は公職選挙法により刑執行が終了してから10年間は選挙に出馬できない。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기