본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

HYBE、4-6月期の営業利益215%増加…「BTSの入隊時期や方式は未定」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

BTS[写真 Big Hitミュージック]

HYBE(ハイブ)が所属アーティストの活躍に力づけられて今年4-6月期連結基準で営業利益が883億ウォン(約90億円)で、前年同期より215.3%増加したと3日知らせた。

今回の営業利益は聯合インフォマックスが集計した市場見通し851億ウォンを3.8%上回った。

売上額は5122億ウォンで前年同期より83.8%増加した。純利益は930億で前年同期比359.3%増加した。

HYBEは売上額と営業利益いずれも四半期基準で史上最大となったと明らかにした。

分野別売り上げによると、レコード部門が2109億ウォンで前期比226.2%増加したことが分かった。前年同期比では97.1%増加した。

HYBEレーベル所属のアーティストの4-6月期レコード販売量は853万枚だった。

公演部門の売上額は850億ウォンを記録して前期比38.6%増えた。BTSのラスベガスコンサートとSEVENTEENのソウルコンサートが公演売り上げを引き上げた。

BTSが4月米国ラスベガスで開いたコンサートにはオンライン・オフラインを合わせて62万人以上のファンが参加した。

MD・ライセンシング売上額は988億ウォンで前期比42%、前年同期比97.2%成長した。

HYBEは「今回の実績はBTSに続き、マルチレーベル体制で成長したSEVENTEENやTOMORROW X TOGETHER、ENHYPENが最高級アーティストとして飛躍したことに伴った結果」と説明した。

また、新人グループLE SSERAFIMはデビューアルバム『FEARLESS』で41万枚以上の販売量を達成し、米ビルボード チャートと日本オリコンランキング入りも果たした。NewJeansの場合、ティージングなしに3曲のタイトル曲をミュージックビデオとともに発表し、専用のコミュニケーションアプリ「Phoning」を発売するなど既存のガールズグループのデビュー公式を打破し、デビューアルバムの予約注文量が44万枚を突破した。

HYBEはBTSのメンバーの今後の活動にも言及した。

イ・キョンジュン最高財務責任者(CFO)はこの日、実績公示直後、カンファレンスコールで「BTSの兵役問題に関連して多くの投資家の方々が心配していることを分かっている」とし、「入隊時期や方式に対しては決まっていない」と明らかにした。

また、「個人活動は個人レコードの発売などが計画されている」として「グループ活動は今確定したのは10月に開かれる釜山(プサン)グローバルコンサートだ」と説明した。

また、「その他、個人活動とグループ活動はBTSの入隊時期と方式が決定され次第にお知らせする」と話した。

パク・ジウォン最高経営者(CEO)は「HYBEはマルチレーベル体制をさらに強化し、2023年にも新人アーティストを輩出するために取り組んでいく」とし、「米国でも現地製作の新規アイドルをデビューさせるプロジェクトを進行中で、現地化を通じてグローバル事業戦略を高度化する予定」と伝えた。

カンファレンスコールでは6月サービスを開始したゲーム『BTS Island:インザソム』の実績も公開された。

『BTS Island:インザソム』は約600万人の累積加入者を確保し、最大215万人DAU(一日間サービスを利用したユーザー数)を記録したことが分かった。

Vライブとの統合で「Weverseライブ」を公開したWeverseに対する青写真も提示された。Weverseはヴェニューライブで進められてきたオンラインストリーミングサービスを内在化してBTSメンバーのJ-HOPEの「ロラパルーザ」公演のライブストリーミングを実施し、ファン経験を拡張できるサービスを持続的に追加していくことにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기