본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】韓国、初の大幅利上げ…銀行は過度な利子商売やめなくては

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国銀行の李昌ヨン総裁が13日の通貨政策方向記者懇談会で取材陣の質問に答えている。[写真 共同取材団]

韓国銀行が史上初めて0.5%の利上げに踏み切った。韓国銀行はきのうの金融通貨委員会で政策金利の基準金利を既存の年1.75%から2.25%に引き上げた。基準金利を一気に0.5%引き上げるのは今回が初めてだ。金融通貨委員会の定例会議で3回連続金利を引き上げたのも前例がないことだ。韓国銀行としては急いで「緊縮の手綱」を引かなければならないほど最近の物価上昇が厳しい状況とみた。ウォン相場が1ドル=1300ウォン台までウォン安が進み外国為替市場が揺れ動いている点も負担だった。韓国銀行の李昌ヨン(イ・チャンヨン)総裁は年末まで追加で金利を引き上げるかもしれないと示唆した。今回韓国銀行が大幅利上げを決めたのは市場の予想と概ね合致する。先月の消費者物価上昇率は前年同月比6%を記録した。通貨危機当時の1998年11月から約24年ぶりの高水準だった。韓国銀行は当分消費者物価上昇率が6%を上回ると予想した。米連邦準備制度理事会(FRB)の金利引き上げ速度も速くなっている。FRBは先月の会議で政策金利を一気に0.75%引き上げた。もしFRBが今月末の会議でもう一度0.75%の利上げを断行するなら米国の金利が韓国より高くなる金利逆転が発生する。金利引き上げは期待インフレを抑制する効果がある。同時に貸出者の利子負担が大きくなり消費が萎縮する副作用を甘受しなくてはならない。経済主導者のリスク管理が重要な理由だ。特に家計負債問題が深刻な状況だ。新型コロナウイルスという前例のない危機を体験し家計負債は急激に増加した。名目国内総生産(GDP)比の家計金融負債比率はすでに100%を超えた。世界でこんな国は韓国しかない。資金を借り入れて投資し無理に不動産や株式を購入した家計の不健全化の懸念が大きくなった。コロナ禍で困難に陥った自営業者と小商工人の貸付償還猶予措置を終了する9月末が近づいている。政府は家計負債のソフトランディングを推進し、社会的弱者の償還負担を減らす対策準備に拍車をかけなければならない。金融会社は不良債権発生の可能性に備えて資産健全性を綿密に点検しなくてはならない。このような時銀行が預貸利ざやを増やして安易な利子商売に没頭するのは不適切だ。貸出金利は早く上げ預金金利は相対的に遅く調整する形だ。韓国銀行によると5月の銀行預金と貸出の金利差は2.37%(残高基準加重平均)を記録した。2020年末の2.05%と比較すると大幅に拡大した。金融監督院の李卜鉉(イ・ボクヒョン)院長は先月銀行頭取らとの懇談会で「(銀行の)過度な利益追求に対する批判が大きくなっている」と指摘した。銀行は過度な預貸利ざやを追うのを自制し金融消費者が納得できる合理的基準により預金金利と貸出金利を決めなければならない。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기