본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

金建希夫人、ジル・バイデン夫人と並んで写真撮影…首脳配偶者と文化芸術で親交深める

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の金建希(キム・ゴンヒ)夫人が29日(現地時間)、NATO(北大西洋条約機構)首脳会議の配偶者プログラムの一環として、サン・イルデフォンソ宮殿を訪問して記念撮影をしている。[写真 スペイン王室 公式YouTube キャプチャー]

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の金建希(キム・ゴンヒ)夫人は29日(現地時間)、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席した同盟国・パートナー国首脳の配偶者とともにスペインの王宮や王立ガラス工場、近代美術館などを見学した。

スペイン王室はこの日、NATO首脳会議に出席した配偶者に対してサン・イルデフォンソ宮殿や王立ガラス工場、国立現代美術館のソフィア王妃芸術センターの観覧を案内した。

金夫人はイェンス・ストルテンベルグNATO事務総長の夫人をはじめ16人の各国首脳配偶者とジョー・バイデン大統領の孫娘2人まで含む計18人の一行とともに王室が準備したプログラムに参加した。

サン・イルデフォンソ宮殿はスペイン・ブルボン王朝の初代国王だったフェリペ5世が本人の引退地として購入したところに宮殿を作り、1723年から夏の別荘などとして使っていたところだ。現在は歴史遺跡として保存されている。

サン・イルデフォンソ宮殿から750余メートル離れたところ位置した王立ガラス工場は18世紀ブルボン王朝の王室製品を納品するために設立されたところだ。現在は主に博物館として使われているが、一部は工場として活用されて実際のガラス球を制作する作業過程を見学することができる。金夫人も各国首脳の配偶者と一緒にこれを観覧した。

ソフィア王妃芸術センターは病院だった建物を改造して1986年芸術センターとして開館した。1992年に常設展示館としてリニューアルした。スペインが産んだ世界的巨匠ピカソとは違い、ミロなど20世紀超現実主義作家の作品を展示している。首脳配偶者はピカソの『ゲルニカ』前で記念写真を撮影した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기