본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

イエレン米財務長官、来月の韓国訪問を打診

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
イエレン米財務長官の韓国訪問が両国間で議論されている。

関係部処によると、7月にイエレン長官が訪韓する日程をめぐり両国政府が議論に入った。秋慶鎬(チュ・ギョンホ)副首相兼企画財政部長官を含め、経済界の重鎮に順に会うことが検討されている。

イエレン長官は2014-18年に米国の中央銀行の連邦準備制度理事会(FRB)で議長を務め、バイデン政権が発足した昨年、財務長官に任命された。経済政策の2つの軸である通貨と財政の両分野でトップに立った人物だ。初の女性FRB議長、初の女性財務長官という2大タイトルも手にした。

イエレン長官の韓国訪問は今回が初めてではない。FRB議長を退任して間もない2018年10月に韓国で開催された世界知識フォーラムに講演者として出席している。もちろん米財務長官としては初めての訪韓だ。

イエレン長官と秋副首相が議論する案件には、物価高、サプライチェーン問題への対応、インド太平洋経済フレームワーク(IPEF)協議などが挙がっている。1ドル=1300ウォン前後までウォン安ドル高が進んだ中、韓米間の具体的な為替協力も案件に含まれると予想される。特に北朝鮮が7回目の核実験を準備中であり、韓米の対北朝鮮独自制裁案が議論される可能性もある。

米財務省傘下の外国資産管理室(OFAC)は経済制裁に関連して強力な権限を握る。先月、中国とロシアの拒否権行使で国連安全保障理事会の北朝鮮追加制裁決議案が不発になると、米OFACは北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)とミサイル開発を支援した個人と機関に対する独自の追加制裁を決定した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기