본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国LCC航空券割引競争スタート…日本・タイ・ベトナムのプロモーション解禁に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
原油高に旅行需要が重なり、韓国では航空券の価格が高騰している。このような状況なので、海外旅行計画を立てたものの取りやめる人々も多い。航空券価格は天井知らずだが、少しでも安く航空券を購入できる機会があることにはある。それが航空会社のプロモーションだ。国際線空の道が開かれて韓国航空会社もプロモーション航空券を次々と出している。

チェジュ航空は東南アジア路線の増便に合わせてタイ・バンコク、マレーシア・コタキナバル路線に対する航空券プロモーションを開始する。チェジュ航空は「来月1日から10月29日まで搭乗可能な航空券を燃料サーチャージおよび空港施設使用料などがすべて含まれた片道総額運賃を基準として仁川(インチョン)-バンコク23万2500ウォン(約2万4333円)、釜山(プサン)-バンコク24万7500ウォン、仁川-コタキナバル23万4500ウォンからそれぞれ販売する」と明らかにした。購入はホームページやモバイルアプリケーションなどで可能だ。予約状況により早期に締め切られる場合がある。

チェジュ航空は来月1日から仁川-バンコク路線を週7回に増やす。来月20日からは一日2回に運航回数を大幅に増やす。フィリピン路線の運航も増やし、仁川-クラーク路線は今月22日から週4回(水・木・土・日)に増便し、来月25日からは週7回運航となる。仁川-マニラ路線も来月1日から週7回に増便される。あわせて仁川-セブ路線は来月20日から週7回運航となる。仁川-ボホール、仁川-コタキナバル路線も今月末からそれぞれ増便して運航される計画だ。

ティーウェイ航空は日本・東南アジア地域の航空券プロモーションを進める。今月20日から7月3日までホームページやモバイルアプリなどで行われるが、日本路線は片道総額(燃料サーチャージ、空港税含む)は仁川-大阪(関西)10万700ウォン、仁川-東京(成田)12万7000ウォン、仁川-福岡9万5700ウォンとなっている。仁川-札幌路線は15万2000ウォンから販売する。オセアニア路線も割引航空券がある。仁川-グアム20万2870ウォン、仁川-サイパン20万6240ウォンから販売される。

ティーウェイ航空は地域拠点空港で運航する東南アジア路線も航空券を割引して販売する。大邱(テグ)-ダナン17万3500ウォン、大邱-バンコク区間は18万5330ウォンからとなっている。ティーウェイ航空関係者は「搭乗期間は6月20日から10月29日までで、路線別に期間が異なるため詳しい運航日程および運賃はホームページで確認してほしい」とし「プロモーション期間中、ティーウェイペイ(サムスンカード)で30万ウォン以上決済した場合5万ウォンのクーポン割引が可能で、カカオペイで30万ウォン以上決済した場合1万ウォンの割引が適用される」と説明した。

ジンエアーはカカオペイ、トスペイの利用客を対象に国内外航空券割引特典を提供する。6月22日から10月29日の間に運航する日本全路線の航空便が対象だ。ジンエアー関係者は「10万ウォン以上の航空券を専用割引クーポンと併用してカカオペイで決済する場合、2万ウォンの割引が適用される」と説明した。割引クーポンはホームページおよびモバイルアプリを通じて事前に発給を受けることができる。クーポン有効期間は7月10日までだ。

トスペイを利用しても国内外航空券の割引特典を受けることができる。トスペイ利用客には航空運賃基準として国内線は5万ウォン以上決済した場合には5000ウォン、国際線は10万ウォン以上決済した場合には1万5000ウォンの割引特典が提供される。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기