본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国産仮想通貨「テラ」発行会社の創設者「失敗と詐欺は違う…コイン、ほぼ全部失った」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

テラフォームラボの共同設立者クォン・ドヒョン氏

国内外投資家に詐欺疑惑で訴えられたテラフォームラボ(Terraform Labs)のクォン・ドヒョン代表がウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで「失敗と詐欺は違う」と主張した。クォン代表は先月暴落した韓国産仮想通貨「Terra(テラ)」と「LUNA(ルナ)」を発行したテラフォームラボの共同設立者だ。

クォン代表は22日(現地時間)、WSJとのインタビューで「今回の事態で私もコインをほとんど失った」と話した。また、「今年初めにルナが100ドル(約1万3000円)近くで取り引きされていた時は億万長者だったのか」という質問に「実際に数えたことはないが、恐らくそうだっただろう」とし、「私はそれに気を遣わず非常に質素に暮らしている」と話した。

さらに、「私の行動は言葉と100%合致した」として詐欺疑惑を否認した。クォン氏は「私はテラ(UST)の価値と回復力を信じたので自信をもってベッティングした」として「その後からこのベッティングで大きく失ったが、詐欺を働いたわけではない」と話した。

だが、テラフォームラボが白書に明らかにしなかった未公開コイン1兆5600億ウォン(約1620億円)分を事前に発行したという疑惑に関しては言及しなかった。テラフォームラボが担保物として保有していたビットコインなど仮想通貨の使い道については依然として投資家は疑問を提起している。ソウル南部地検金融証券犯罪合同捜査団はこのような疑惑を参考人供述などを通して把握し調査中だ。

テラとルナが暴落し、全世界の投資家は400億ドル規模の損をした。その連鎖作用でビットコインとイーサリアムなども暴落し、仮想通貨市場の時価総額は2年前水準に落ちた。これを受け、クォン代表は「最近起きたことで大きな衝撃を受けた」として「被害を受けたすべての方々が自身と愛する家族をケアするように願う」と話した。

クォン代表は過去自身がツイッターで話した発言に対しても謝罪した。昨年、ツイッターである経済学者がテラの崩壊の可能性を指摘すると、クォン代表は「私は貧しい人とは討論しない」と答えた。また、インタビューで「過去に話した一部の発言を後悔する」と話した。

クォン代表はインタビューで「私は私たちの能力を確信するので、かつてよりはるかに強く回復することができると考える」と話した。だが、先月28日発売したLUNA2.0は18.87ドルで取り引きを始めたが、また暴落して23日には1.97ドルで取り引きされている。

テラフォームラボの法人登記に記されたクォン代表の居住地はシンガポールにある。だが、身辺の脅威などを懸念した彼が現在どこにいるかは知らされていない。また、テラ・ルナ暴落事件以降初めて報道機関とインタビューを行ったが、WSJはどのような方式でインタビューを進めたのかは明らかにしなかった。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기