본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓日のNATO参加巡り…中国「アジア太平洋地域は北大西洋ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中国外交部の汪文斌報道官

中国政府は、29~30日にスペイン・マドリードで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に韓国と日本、ニュージーランドの首脳が参加することを巡り、「アジア太平洋地域の国と国民は軍事集団を引き込んで分裂と対抗を扇動するいかなる言動にも決然と反対する」と明らかにした。

23日(現地時間)、中国中央テレビの報道によると、中国外交部の汪文斌報道官はこの日の定例会見で、韓国を含むアジア太平洋国家のNATO首脳会議参加に対する立場について聞かれると「アジア太平洋地域は北大西洋の地理的範疇ではない」として反対の立場を明確にした。

汪報道官は「中国は国家間の発展関係は世界平和と安定に寄与するべきで、第三者を狙ったり第三者の利益を害してはいけないと一貫して考えてきた」と付け加えた。

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は韓国首脳として初めてNATO首脳会議に出席する予定で、現地で韓日米3者首脳会談を開催する方案を推進している。日本、ニュージーランド、オーストラリアなど会議に出席するアジア太平洋地域の各首脳と別途の会談も予定している。

最近中国は米国が主導するNATOとアジア太平洋地域国家間の協力摸索に強い警戒心を表わしている。

韓国が先月、NATOサイバー防衛協力センター(CCDCOE)に正式加入したことに対しては、中国官営メディアが領域内の葛藤をあおる行為だとして批判をしていた。

あわせて汪報道官は、NATO首脳会議で中国の影響力の強まりへの対応を議題の一つとして議論することにしたことについては「NATOは明らかに北大西洋軍事組織だが、今年に入ってアジア太平洋地域にやってきて威勢をふるい、欧州の集団対抗の道をアジア太平洋地域に複製しようとしている」と話した。

汪報道官は「これは非常に危険なこと」としながら「結局アジア太平洋国家と国際社会の高い警戒心と決然とした反対を誘発するだろう」と指摘した。

あわせて「我々はNATOがイデオロギーとして線を引いて対抗を扇動することをやめて、中国に対する虚偽情報と挑発的な発言の流布を中断して、新冷戦勃発を企てないよう求める」とし「NATOはすでに欧州を混乱させているが、再びアジア太平洋地域と世界を混乱させるな」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기