본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国感染病専門家「サル痘、皮膚接触を通じて感染…同性愛関係だけで現れる疾病ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

李載甲(イ・ジェガプ)教授

韓国で初めてサル痘の感染者が発生した中、感染病専門家である翰林(ハンリム)大江南(カンナム)聖心(ソンシム)病院感染内科の李載甲(イ・ジェガプ)教授は「ほとんど発疹がある状態で接触した人に主に感染される」とし、「新型コロナのように感染が容易なウイルスではない」と話した。

李教授は22日午後、MBC(文化放送)ラジオ番組『ピョ・チャンウォンのニュースハイキック』とのインタビューで「(サル痘が)呼吸器感染自体は多くないと知られている」として「そのため、パンデミックやこのようなことを引き起こすというよりは今のように一部の海外流入事例によって周りに接触した方々が一部のクラスターの感染パターンを見せると考える」と明らかにした。

同時に、「(新型コロナのように)とても深刻な状態までいかないと思う」と説明した。

李教授は「サル痘が主に性的少数者から現れているという話がある」という司会者の質問には「そうではない」と一蹴した。

李教授は「皮膚接触を通じて感染するため、性関係を結ぶほどの接触であれば当然感染が起こるしかない」とし、「初期の流入事例がよりによって同性愛グループの中で発生して広がったため、同性愛者が多く診断されただけで、これが同性愛の間でのみ感染する疾病だとは言えない」と説明した。

また、「(サル痘が)アフリカ内では風土病のように年間多くて200~300人程度ずつ発生してきたし、アフリカに旅行に行って本国に戻った欧州や米国で一部患者の散発的な発生もあった」として「今回のように40カ国で2000人以上が同時多発的に発生したのは初めてだから関心を集めたこと」と話した。

関連症状を質問したところ、李教授は「最初はおよそ3日間程度は熱が出る症状なのですでに他の風邪と違いがない状況で、それから全身に水泡を伴った発疹ができ始める。首のようなところにはリンパ節の腫れも伴われる可能性がある」とし、「そのような発疹が現れたり、特に危険地域を旅行、または発疹があったりする人と接触してからこのようなパターンが現れればサル痘を疑うべきだ」と答えた。

致命率については「アフリカ内ではおよそ3~6%程度死亡すると知られている」として「ただし、西アフリカで流行する形は1%、中央アフリカでは10%だと言われるが、現在欧州と米国で流行するサル痘は西アフリカタイプ」と話した。

さらに、「今(欧州と米国で)およそ2000人余りが発生したが、この中で1人が死亡した」として「そのため、医療体系、患者に対する診療体系がきちんと備えられた国では死亡率が非常に低いと思われると言及されている」と答えた。

李教授はワクチンと治療薬については「重症に使う治療薬は副作用が多かったが、『シドフォビル』という薬を希少必須医薬品センターを通じて手に入れることができ、痘瘡ワクチンの合併症を防ぐための免疫グロブリンもと100人分を持っているなど直ちに使う薬はある」と話した。

また「ワクチンも北朝鮮で痘瘡を生物テロ兵器として使えるという話があり、3500万人程度のワクチンを持っているが、このワクチンが85%程度はサル痘にも効果があると知られている」として「サル痘に許可されたワクチンもおよそ500人分、『テコビリマット』という治療薬も500人分を7月中に導入する予定」と話した。

全国民を対象にしたワクチン接種の可能性については「一度広がれば全国的に広がるような疾病ではないため、(接種は)しないと思われる」とし、「患者と密接接触した方々に予防的に投与する程度にとどまるだろう」と話した。

李教授は「まだ海外で主に発生しているため、危険国を旅行する時はよく知らない人との緊密な接触、知らない人との性接触のようなことは避けた方がいい(と思う)」とし、「発疹がある方とは皮膚接触を控えるようにお願いしたい」と呼びかけた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기