본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国初のサル痘疑い患者、仁川空港入国過程で発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

仁川(インチョン)国際空港。ムン・ヒチョル記者

韓国初のサル痘疑い患者が流入して隔離治療と感染検査に入った。

21日、防疫当局によると、この日午後仁川(インチョン)国際空港を通じて入国した韓国国籍の男性Aさんが検疫段階でサル痘に疑われる症状を見せた。当局はこの日夜10時ごろ、Aさんを専門担当病床のある仁川医療院に搬送して隔離治療に入った。Aさんは病院でサル痘の感染検査を受けた。Aさんが感染と判定されれば、韓国初のサル痘患者となる。

防疫当局関係者は「先月末から水ぶくれや発熱などサル痘と類似した症状を見せて申告された患者はいるが、ほとんど水痘や手足口病など他の疾患ということが分かったとし、「Aさんの場合、感染と疑われる症状が明らかで、海外入国者と感染の可能性があると見て先制的に隔離治療に入った」と説明した。医療界関係者によると、Aさんは若い男性で健康状態は良好だ。

サル痘はアフリカでのみ発見されてきた風土病だが、先月7日英国で初めて感染事例が発生した。その後、欧州や北米、中東など38カ国に拡散した。統計ウェブサイトであるアワー・ワールド・イン・データによると、全世界のサル痘感染者は20日基準で2680人発生した。サル痘は主に傷部位や体液接触を通じて感染する。潜伏期は最大21日で、発熱、悪寒、頭痛、リンパ浮腫、水泡性の発疹などが現れる。2~4週間病んでほとんど自然に回復する。致命率は3~6%と知られているが、世界保健機関(WHO)によると現在までアフリカ以外の大陸で死亡者が発生したことがない。予想より速い拡散速度のため、WHOは23日緊急会議を開いてサル痘拡散について議論する計画だ。

韓国疾病管理庁は8日サル痘を2級感染病に指定した。これを受け、感染者が確認されれば医療機関などは24時間以内に防疫当局に申告する必要があり、感染者は隔離治療が義務付けられる。当局は感染者が発生すれば国立中央医療院で隔離治療することにした。接触者は感染者に露出した程度によって低・中・高危険群に分類し、最近接触した同居人など高危険群に限って21日間隔離される。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기