본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「休むのも申し訳なかった」…BTSが2年間言えなかった話(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

BTS「真のバンタン会食」 [ユーチューブ 映像 キャプチャー]

ガオンチャートのキム・ジヌ上級研究委員は「『Dynamite』のような英語曲は世界的な作詞・作曲家が作った曲だから本人の色を見せることはできない」として「グラミー受賞を目標に、自分たちの色でない曲で海外活動をし過ぎて消耗された面があるようだ」と説明した。

ファンとのSNSコミュニケーション、頻繁なコンテンツアップロードなどのスキンシップで親近感を積み重ねて「ARMYとともに成長した」と公然と言うBTSだが、過去2年間はファンに直接会う機会がほとんどなかった。シングル発売後、韓国国内で音楽番組の活動はなく、ユーチューブコンテンツも過去に比べて少なかった。メンバー個人のSNSも昨年末になって初めて開かれた。「トクパプ職人(人々の関心を集めるコンテンツやネタをたくさん提供するという意味)」と呼ばれるBTSが好きだったファンたちは「トクパプ」が急激に減った2年間を過ごした。

新型コロナのせいでもあるが、全世界的な人気がかえって彼らの口を閉じさせた面もある。メンバーは「この話を2年間できなくてものすごくもどかしかった」(シュガ)、「すべてのことを気楽に率直に言いたいのにそれができずつらくて疲れた」(V)、「言いたいことは多いが、すべて率直に言えない点は常に申し訳ない」(RM)と打ち明けた。ジミンは「ファンとこのように一緒にする場合が珍しいが、それにもかかわらず、すべてのことを共有することができないのが一番つくらくて悲しい」と涙声で話したりもした。

Big Hitミュージック側は「世界的な活動で注目度が高まった過去2年間はメンバーのささいな発言も色々な言葉を経る過程でもしも誤解を招きやすかったため、メンバー個人の意見表現や直接的なファンとのスキンシップを減らした面がある」として「14日の映像はメンバーがこれまでできなかった話をファンたちに直接語る席を作りたくて用意された」と説明した。

彼らは自分のソロ活動宣言が及ぼす影響に対して用心深い姿を見せた。「私たちが10年目で、このような基調変化に言及するのが自然だ。実際、遅れた方」(RM)、「元気なプランだから悪く、否定的に考えないでほしい」(J-HOPE)と言った。RMは映像の最後に「私は永らくBTSとしていたい。そのためには少し止めて休んでも今後より多くの時間のために(休みの時間が)必要だということを理解していただきたい」と話した。

キム・ジヌ上級研究委員は「BLACKPINKもソロ活動で100万枚近く販売高を上げたが、彼らがチーム活動を休むといってもBTSが消えるのではなくソロ活動をするので空席をほぼ満たすだろう」とし、「さらに、K-POPアイドル界が最近はかたい中間層を作っているため、BTSが休むからといってK-POPが崩れたりはしない」と話した。
「休むのも申し訳なかった」…BTSが2年間言えなかった話(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기