본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

映画『犯罪都市2』、新型コロナ以降初めて1000万観客が目の前に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

映画『犯罪都市2』

俳優マ・ドンソク・俳優ソン・ソクグ主演の映画『犯罪都市2』(原題)が1000万観客突破の秒読みに入った。新型コロナパンデミック以降初めて「1000万映画(1000万人が観た映画)」の誕生だ。

6日、映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、前日まで累積観客数886万8829人を記録した『犯罪都市2』は公開20日目であるこの日午前累積観客900万人を突破した。5日(日曜日)、一日観客数は55万2261人だ。映画界は今週末や来週中に観客1000万人を突破するものと予想した。

『犯罪都市2』はパンデミック前の最後の1000万映画『パラサイト 半地下の家族』(2019年5月公開)より興行速度が速い。4日、公開18日目に800万観客を突破するまでは公開17日目に800万を突破した『パラサイト 半地下の家族』より遅かった。だが、6日、900万を超えて同じ観客数まで25日間かかった『パラサイト 半地下の家族』を5日早かった。これは歴代1000万映画関係者『弁護人』『国際市場で逢いましょう』(以上25日)、『7番部屋の贈り物』(27日)より早く『暗殺』(20日)と同じだ。

新型コロナの直撃弾を受けた映画界は『犯罪都市2』の善戦でときめく雰囲気だ。2019年には5編の1000万映画(『エクストリーム・ジョブ』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『アナと雪の女王2』『パラサイト 半地下の家族』『アラジン』)を作った劇場街は2020年4月には1カ月総観客数(97万)が100万人にも及ばない衝撃を経験した。パンデミック期間に急成長したOTTに押されて新型コロナ以降観客が以前のように劇場を訪れるか悲観的な見通しも出した。だが、4月25日距離の確保が解除されて映画館内で取食が許されて1カ月ぶりに1000万映画の誕生を控えた。

『パラサイト 半地下の家族』の制作会社バルンソンE&Aのクァク・シネ代表は「最近、映画関係者に会えばみんな『犯罪都市がうまくいって本当にうれしい』と話す。防疫規制が緩和された時、観客がどれくらい戻ってくるか注目が集まっていたが、思ったより多く戻ってきたようで本当に喜んでいる」と伝えた。

『犯罪都市2』の制作会社であるBAエンターテインメントのチャン・ウォンソク代表も「競争していた映画界で今回のようにお祝いの挨拶を受けたのは初めて」とし「『犯罪都市2』の興行はパンデミック期間にやむを得ず公開を先送りしていた数多くの映画、それによる投資資金の凍結など韓国映画界の全般的な困難と不況に恵みの雨だと考える」と話した。

『犯罪都市2』興行の立役者は制作者であり主演であるマ・ドンソクだ。ホ・ナムン評論家は「力もかなり強いが、これを可愛い方式で利用して犯罪者を逮捕するマ・ドンソクという魅力的なキャラクターが持つブランドの力が奏功した」と分析した。「悪役」の俳優ソン・ソククが映画外で得た人気も興行に油を注いだ。JTBCドラマ『私の解放日誌』(原題)で「ク氏」役で人気を得たソン・ソクグは『犯罪都市2』の舞台挨拶で「ク氏役を演じたカン・ヘサンです」と挨拶した。

1編の興行と序盤の口コミで最初のボタンをよく留めたのもある。CGVのファン・ジェヒョン・コミュニケーションチーム長は「観客の実際の観覧評価指数が最初から99%だった。推薦指数も50%を超えて映画を観た2人に1人は積極的に周りに勧めるという雰囲気」と伝えた。

最も大きいのはやはり「新型コロナからの解放」心理だ。メガボックスのイ・ウンジ課長は「もう本当に新型コロナは終わったんだという期待感とともに、劇場で取食制限が解除されて時宜を得たのもある」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기