본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】文前大統領の私邸前誹謗デモ、放置してはいけない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン被害者協議会所属のメンバーが先月15日、慶尚南道梁山市下北面(キョンサンナムド・ヤンサンシ・ハブクミョン)平山村(ピョンサンマウル)にある文在寅(ムン・ジェイン)前大統領の私邸前でピケデモを行っている。[写真 ソン・ボングン記者]

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前大統領の私邸前で継続されていた誹謗デモが結局告訴事態につながった。

文前大統領夫妻は慶尚南道梁山市下北面(キョンサンナムド・ヤンサンシ・ハブクミョン)平山村(ピョンサンマウル)の自宅前で集会・デモを繰り返していた保守3団体所属メンバー等4人を一昨日警察に告訴した。

4人が誹謗中傷および虚偽事実を繰り返し流布し、殺人および放火の脅迫、集団的な脅迫などで公共の安寧を脅かしたことが明白な集会を開いたという。

文在寅政権の青瓦台(チョンワデ、旧大統領府)で要職を務めた野党「共に民主党」の韓秉道(ハン・ビョンド)・尹永燦(ユン・ヨンチャン)・尹建永(ユン・ゴンヨン)議員と、無所属の閔炯培(ミン・ヒョンベ)議員は、昨日慶南梁山警察署を訪れ「集会に対する警察の対応がとても中途半端だ」としながら抗議した。

文前大統領退任から半月余り続いた集会は容認できる水準を越えた。先月30日に公開された集会映像には、参加者が文前大統領に誹謗中傷を浴びせる場面が映っていた。文前大統領の家族と隣人が受けている日常の苦しさを赤裸々に見せている。平山村の住民の一部は不眠症や食欲不振に苦しめられて病院で治療まで受けているという。

5年の任期を終えた文前大統領が金正淑(キム・ジョンスク)夫人とともに先月10日、平山村に到着した時には「村の住民とマッコリを交わしながら過ごしたい」と話した退任大統領の言葉に住民は歓呼するような明るい雰囲だった。それからわずか5日後、文前大統領は「家に戻ると拡声器の騒音と誹謗中傷が一緒になった反知性が、小さな田舎の村の日曜日の平穏と自由を壊している」というコメントをSNSに掲示し、村の住民が受けている苦痛を外部に知らせた。続けて娘のダヘさんがツイッターに「これが集会か? 憎悪と誹謗中傷する言葉を排泄するように叫んでいる」というコメントを載せてその後削除する一件があった。

集会および表現の自由は保障しなければならない。だが、自分の主張を伝える限度を越して他人を困らせ、侮辱する段階に達すれば容認することはできない。特に私的な空間で隣人住民の被害まで誘発するような状況を放置しては困る。現行の集会およびデモに関する法律も「私生活の平穏を明らかに害する恐れがある場合」には集会・デモの禁止や制限を通告することができるようにしている。

警察は抗議訪問した野党議員に「法律解釈を通じて私邸前デモにもう少し積極的に対処する」と答えたという。警察は昨日、一部団体の集会を禁止・制限したが今後も納得できるような措置を取っていくべきだ。退任大統領の家の前で起きている誹謗デモを放置するのは公権力の無気力を表わすものだ。国の品格の問題でもある。この際、他人に大きな被害を誘発する悪性集会を防ぐ方案を深く考えるべきだ。間違ったデモ文化を改善する契機にしよう。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기