본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】フランス・カンヌ映画祭で輝いた韓国映画の力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国映画が100年歴史に新しい道しるべをたてた。韓国という境界を越えて世界の中での地位をさらに堅固にした。28日(現地時間)閉幕した第75回カンヌ映画祭コンペティション部門で俳優ソン・ガンホが『ベイビー・ブローカー』で主演男優賞を、パク・チャヌク監督が『別れる決心』(原題)で監督賞を受けた。2019年ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が最高賞にあたるパルムドールを、2007年『シークレット・サンシャイン』の女優チョン・ドヨンが主演女優賞を受けたが、世界最高の芸術映画祭とされるカンヌ映画祭で韓国映画が主演男優賞・監督賞を同時に受賞したのは初めてだ。韓国映画界の快挙だ。

今回の受賞は韓国映画の底力を世界に広く知らしめた。1990年代から様々なテーマ・ジャンルを試みてきた韓国映画がこれまで注いだエネルギーと情熱が満開した結果だ。演技と演出いずれも世界最高水準にのぼったことを宣言した。特に、ソン・ガンホの受賞が輝いた。2006年『グエムル -漢江の怪物-』以降カンヌ映画祭に7回も招待された彼がいよいよ「カンヌの男」になった。受賞作『ベイビー・ブローカー』で赤ちゃんポストに捨てられた赤ちゃんを盗んで売るキャラクターを特有の繊細な演技で表現したという評価だ。カンヌが愛するパク・チャヌク監督は2004年『オールド・ボーイ』で審査委員大賞、2009年『渇き』で審査委員賞を受けたことに続いて3回目のトロフィーを手にした。「1回で終わる光栄」でない、過去の時間の力を蓄積してきた韓国映画の大爆発だ。

二つの映画は韓国映画の絶え間ない進化を立証した。K-シネマの裾野の拡大、領域の拡大という点で格別の意味がある。ソン・ガンホの受賞作『ベイビー・ブローカー』は2018年パルムドール受賞経歴のある日本の是枝裕和監督が演出・脚本を手掛け、パク・チャヌク監督の『別れる決心』には『ラスト、コーション』で有名な中国スター女優の湯唯が主演した。二つの作品いずれも韓国の資本で作った韓国映画だが、韓日中3カ国の製作スタッフが参加した多国籍映画であるわけだ。

今回の受賞はKコンテンツのグローバル・パワーをもう一度確認させた。韓国映画産業の持続的な投資と発展のおかげだ。今後韓国映画の方向性を示したことから示唆するところが大きい。「1960年代欧州で力を合わせて良い映画を作ったが、韓国が中心となってこのような形の交流が活性化することを願う」(パク・チャヌク)、「(韓国映画の躍動性は)絶えず挑戦して変化しようとする努力が文化コンテンツに影響を及ぼした」(ソン・ガンホ)という受賞感想に解答が垣間見える。

今回の快挙をきっかけに侮れない課題も浮上した。歴代カンヌを輝かせたイム・グォンテク、イ・チャンドン、パク・チャヌク、ポン・ジュノ、ソン・ガンホなどに次ぐ若い監督・俳優を引き続き作り出す映画インフラの構築が求められる。特に、新型コロナパンデミックで死にかけていた韓国映画界の素敵な再起を期待する。パク・チャヌク、ソン・ガンホの受賞をもう一度おめでたい。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기