본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

バイデン米大統領の韓日歴訪で韓日などが参加する「中国牽制用」経済協力体を発足=韓国メディア

ⓒ 中央日報日本語版

米国のジョー・バイデン大統領

ジョー・バイデン米国大統領が20~24日韓国と日本の歴訪を機に「インド太平洋経済枠組み」(IPEF)を発足させるものとみられると韓国日刊紙ソウル新聞がワシントン発で報じた。

ワシントンDCの外交筋は9日(現地時間)「最近、米ホワイトハウスと商務省がバイデン大統領の今回の韓日歴訪でIPEFを正式発足するという計画を外交ルートなどを通して韓国に知らせてきた」と明らかにしたとソウル新聞が報じた。

インド太平洋経済枠組み(IPEF)とは、ジョー・バイデン行政府が2021年10月提案した経済協力構想体で、インドや太平洋地域がデジタル、サプライチェーン、クリーンエネルギーなどの新通商議題に共同で対応するために推進されている。中国けん制の意味合いを持ち、米国、韓国をはじめ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールなどが参加を検討中だ。

バイデン大統領は20~22日訪韓して尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と韓米首脳会談を行い、22~24日には日本で日米首脳会談およびクアッド首脳会議に参加する。米国は日本でクアッド4カ国が見守る中で参加国とテレビ会議でIPEF発足も宣言するものとみられるとソウル新聞は報じた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기