본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国大統領府儀典秘書官「文大統領は『ミリタリーオタク』…軍将兵に格別だった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2021年10月1日、慶尚北道浦項(キョンサンブクド・ポハン)の迎日湾(ヨンイルマン)海上にある揚陸艦「馬羅島(マラド)」で開かれた第73周年国軍の日記念式典を終えて海兵第1師団内の教育訓練団に移動して海兵隊将兵と食事して挨拶している。[写真 青瓦台写真記者団]

韓国青瓦台(チョンワデ、大統領府)の卓賢民(タク・ヒョンミン)儀典秘書官が「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は『ミリタリーオタク』だった」と主張した。

卓氏は16日、フェイスブックに「文大統領は候補時期から大統領在任期間中、誰がなんと言っても『ミリタリーオタク』だった」とし「国軍の日の昼食のメニューまで直接報告を受け、軍関連の行事だけは秘書官の判断に任せきりにせずほぼすべての軍資産を直接確認した」と明らかにした。

続いて「一度は冷めたチキンやピザではなく、青瓦台シェフを部隊に派遣して昼食を準備させたこともある」と話した。

卓氏はまた「そのような文大統領が将兵にいつも必ず話していた言葉がある」とし「『皆さんは国を守る国防の義務を果たさなければならないと同時に、必ず元気に家族の中に、学校に、日常に戻らなければならない義務もある。これも大統領の命令』」と紹介した。

卓氏は「文大統領本人の軍生活(特殊戦司令部)、子どもを軍隊に活かせた家族の気持ち、軍統帥権者としての責任と義務から出てきた真心だった」と付け加えた。


関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기