본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本の「YouTube無差別旭日旗広告」に…徐ギョン徳氏「非常識な歴史観、戦争犯罪否定」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

[写真 徐ギョン徳教授インスタグラム キャプチャー]

韓国誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は日本外務省が製作した旭日旗映像がYouTube(ユーチューブ)の広告を通じて世界に広まっていることに関して「日本政府が戦争犯罪を否定している」と非難した。

これに先立ち、外務省は昨年10月『伝統文化としての旭日旗』』と題する映像を作って公式YouTubeチャネルに投稿した。この映像は韓国語を含めて英語や中国語など10カ国語で製作された。

長さ約2分の映像には「旭日旗は日本文化の一部」「数百年にわたり継承されてきた伝統文化が現代も続いている」等の内容が含まれている。

28日、徐教授は「最近、世界各地に住んでいる韓国人が、最近この映像を流すYouTube広告を見たと情報を提供してくれた」とし「映像の内容は日本が過去の第2次世界大戦や太平洋戦争などで旭日旗を『戦犯旗』として使用したという説明を省いているところが最も大きな問題で、これは戦争犯罪を否定するもの」と叱責した。

続いて「韓国語で製作された旭日旗映像を韓国内に流すのは韓国人に対する配慮が全くない日本政府の非常識な歴史観を如実に示す証拠」と付け加えた。

徐教授は過去に製作してソーシャルメディア(SNS)で配布した旭日旗の歴史的真実のまとめ映像を広報し、外務省の映像に反論する映像も近々製作して公開する計画だ。

徐教授はニューヨーク・タイムズなど世界的な有力メディアに旭日旗に関する広告を掲載してきており、世界的な機関や国際企業の旭日旗模様の使用に対する是正運動を展開して成果を上げてきた。

徐教授は「今回のことにも強力に対応していく」と強調した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기