본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、昨年の財政赤字30兆ウォン台の見通し…総支出600兆ウォン「過去最多」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
昨年、韓国政府の総支出が過去最大規模の600兆ウォン(約57兆7000億円)台と集計された。

総支出が総収入を上回り、財政赤字は30兆ウォン台に及ぶものと推定された。経済が回復し、総収入が大幅に増加したが、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対応のために支出はさらに増えたためだ。

17日、企画財政部が発表した「2月の財政動向」によると、昨年の年間財政収入は7月の2次追加補正予算(514兆6000億ウォン)に比べて55兆4000億ウォンほど多い570兆ウォン水準と推計された。

このうち、国税収入が344兆1000億ウォンで、追加補正予算より29兆8000億ウォン増えた。就業者数の増加と不動産市場の好調の影響で所得税が14兆6000億ウォン増加し、景気回復が続き、法人税と付加価値税も同時に増えた。

基金収入は、第2次追加補正予算当時より25兆ウォン多い196兆ウォン水準と推定された。国民年金資産運用収益(約40兆ウォン)が予算に比べて21兆ウォンほど増えた影響だ。これにより、国民年金基金積立金は昨年11月基準で924兆1000億ウォンに増え、運用収益率は8.13%だった。

税外収入は当初の予算に比べ約1兆ウォン多い30兆ウォン台と推定された。

昨年の総支出は前年比約50兆ウォン増の600兆ウォン水準と推定された。新型コロナ防疫措置による損失補償など、過去最大規模の財政執行が行われ、総支出は初めて600兆ウォンを超えた。

昨年の総収入から総支出を差し引いた統合財政収支は30兆ウォン台の赤字を記録する見通しだ。ただし、昨年の年間赤字は2次追加補正予算当時の展望値(-90兆3000億ウォン)と比べて60兆ウォンほど少ない規模だ。

統合財政収支から4大保障性基金を差し引いた政府の実質的な財政状態を示す管理財政収支はまだ集計されていない。

政府は「追加補正予算による国庫債追加発行分は今年の残りの期間、できる限り均等に発行し、韓国銀行の国庫債追加単純購入も必要な場合、適した時期に施行できるように政策共助を継続する」とした。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기