본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

オンライン世論が爆発した「韓日関係」…「日本も悪いが韓国政府も間違っている」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅大統領と岸田文雄首相。[中央フォト]

「日本は嫌いだが、だからといって韓国も上手くやっているわけではない」。

文在寅(ムン・ジェイン)政府になって悪化の一途をたどっている韓日関係に対するオンライン世論は「反日感情」と「政府責任論」に要約される。歴史問題に対する責任回避など関係悪化の1次的原因は日本にあるという認識が明確だったが、反日感情をあおったりこれを国内政治的に利用したりした韓国政府も責任がないとはいえないと評価する意見が多かった。

◆オンライン世論で言及の多かった韓日葛藤

分析対象であるツイッター投稿文40億3702万件のうち韓日関係に対する言及量は16万7462件であることが集計された。

これは韓米関係についての言及量(6万3451件)の2倍以上で、韓中関係の言及量(2万8567件)と比べると6倍近くになった。

同じ期間、メディア報道の場合、韓米関係を扱った記事は4万9291件で、韓日関係に対する記事は3万9523件だった。メディアは韓米関係に集中していたが、ツイッター上の関心はこれとは逆だったといえる。これは韓日間の問題は他の外交事案よりも揮発性が高いという傍証であり、反日感情が幅広く浸透している意味とも読むことができる。

◆文大統領の訪日可能性に集まる「反対世論」

韓日関係に対するオンライン世論の3大キーワードは▼外交▼歴史問題▼経済--だった。

外交イシューでは文大統領が昨年7月に訪日して東京オリンピック(五輪)開幕式に出席するかどうかに対する関心が最も高かった。昨年1~11月に韓日関係を扱ったメディア報道のうち、コメント数基準で上位100件の報道を分析した結果、このうち19件が東京五輪を契機とした韓日首脳会談開催について扱った記事だった。

関連記事につけられたたコメントは1万6473件だった。このうち最も多く「共感」反応を受けた100件のコメントを選んで内容を主題別に分類した結果、56件は文大統領の訪日に反対する内容だった。

主要コメントでは「韓国の大統領が日本の首相と、それも失脚が予定されている首相と絶対に会う必要はない」「『ノージャパン』をしておいて、独島(トクド、日本名・竹島)問題も解決もできていないのに東京五輪で訪日だって?」などがあった。

共感数基準で上位100件のコメントの中には日本政府を批判する内容のコメントが12件あったほか、韓国政府が反日感情を助長している側面があるという指摘が10件だった。特に「大統領の訪日問題に対して感情的にアプローチするべきではない」という青瓦台(チョンワデ、大統領府)の立場に対して「竹槍歌を歌って反日扇動したくせに、今になって感情的な対応はするなって? 笑わせるな」などの批判的意見が多かった。


オンライン世論が爆発した「韓日関係」…「日本も悪いが韓国政府も間違っている」(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기