본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北京五輪選手村、新型コロナ遮断に向けクローズドループ稼動

ⓒ 中央日報日本語版
2022北京冬季五輪が開催される北京で新型コロナウイルスのオミクロン株の感染が拡大する中で北京五輪選手村が18日から「クローズドループ」の稼動に入った。

北京五輪選手村関係者は19日、グローバルタイムズに「選手村が18日からクローズドループ運営を始めた。選手村のスタッフは数週間前から選手村に入り全員新型コロナウイルスワクチンの追加接種を終えた」と話した。

クローズドループは競技場、選手村、訓練場を巨大なバブルで覆ったように外部との接触を厳格に遮断する方式だ。クローズドループに入った選手やコーチ陣、ボランティアメンバーは外部との接触が徹底的に遮断され、外部からもクローズドループへの進入が厳格に統制される。

選手村関係者は「23日に最初の選手団が選手村に入村する。選手団入村に合わせてすでに3000人が参加するクローズドループの試験運営を終えた」と説明した。

北京五輪組織委関係者は「クローズドループの試験運営が始まってから全般的に順調に進行している。(北京で)オミクロン株感染事例が増え防疫措置の重要性を繰り返し強調している」と紹介した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기