본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<総合格闘技>47歳の秋山成勲、現役続行を宣言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ONEチャンピオンシップで活動を続ける秋山成勲

総合格闘技選手の秋山成勲(47)が現役続行を宣言した。秋山はONEチャンピオンシップで引退せず選手生活を続けると明らかにした。現在はアジア最大格闘技団体ONEチャンピオンシップと契約した状態だ。

秋山はONEチャンピオンシップ側に「私には(年齢のため残された)時間があまりない。早く試合を組んでほしい」と要求した。「いつからかハングリー精神がなくなったことを反省している。選手として勝利するためにもっと集中した日々を送る」と覚悟を固めた。

柔道出身の秋山は総合格闘技で活躍した。世界最大団体UFCの舞台に立ち、韓国大会にも出場した。秋山は2018年にUFCを離れてONEチャンピオンシップに移った。デビュー戦のアギラン・タニ戦は判定で敗れたが、2020年のシェリフ・モハメド戦はKO勝ちした。満45歳という年齢を勘案すると意味のある結果だった。

秋山は昨年4月、ONEチャンピオンシップ165で元ライト級チャンピオンのエドワード・フォラヤンと対戦する予定だった。しかしけがのため実現しなかった。最近はワクチン接種後の後遺症があった。しかし選手生活はあきらめていない。

秋山は「以前は強くなって有名になり、金を稼いで親孝行をしたいという目標のため、他のことはすべて我慢して練習ばかりした。当時は時間があっても次の練習のために休もうという考えだった。もう一度、夢に向かって気を引き締めてファイトをしたい」と語った。「韓国で開催される大会でONEチャンピオンシップのチャンピオンになりたい」という秋山の夢は叶うのだろうか。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기