본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、「コロナ飲み薬」処方第1号は70代男性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国の中央事故収拾本部が14日、国内に導入されたファイザー社の新型コロナ飲み薬「パクスロビド」が処方された感染者数を計9人と明らかにした。地域別にはソウル3人、大邱(テグ)3人、京畿(キョンギ)2人、大田(テジョン)1人で、全員が在宅治療中だ。

第1号は大田に居住する70代の男性Aさんで、医師の処方と薬局の服薬指導を受け、この日午後8時に服用した。Aさんは前日、せきなど症状で遺伝子増幅(PCR)検査を受け、この日午前に陽性判定を受けた。Aさんは基礎疫学調査後に在宅治療対象者となり、管理医療機関の大田韓国病院で非対面診療を受けた。

非対面診療を担当した医師は健康状態および基礎疾患などを問診し、医薬品安全使用サービス(DUR)を照会して投薬中の併用禁忌薬がないことを確認した後、「パクスロビド」を処方した。薬局ではこの処方に基づき、併用禁忌薬の服用がないかを改めて確認した後、調剤した薬をAさんに伝えた。管理医療機関は投薬から1-2時間が過ぎた後、Aさんに有線で健康状態を確認した。

韓国政府が製薬会社ファイザーから購入した新型コロナ飲み薬「パクスロビド」2万1000人分は13日午後2時10分ごろ仁川(インチョン)空港に到着し、14日から全国の薬局と生活治療センターに配送された。

2万1000人分のうち予備で確保された調整物量(7663人分)を除いて実際に在宅治療担当薬局と生活治療センターに配送された物量は1万3337人分。

保健当局は物量が限られているため▼重症になるリスクがある軽症・中等症患者のうち65歳以上▼免疫が低い感染者のうち在宅治療者または生活治療センター入所者を優先して投薬するという。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기