본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領、空軍戦闘機墜落事故の操縦士を追悼「最後まで操縦かん放さず民家避けた殺身成仁」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が13日、「祖国の空を守りながら殉職したシム・ジョンミン小領のご冥福を祈り、悲しみに暮れているご家族に深い慰めの気持ちを伝える」と墜落事故で亡くなった故シム・ジョンミン小領(29)を哀悼した。

文大統領はこの日、SNSを通じて「最後まで操縦かんを放さずに民家を避けた故人の殺身成仁は『為国献身軍人本分』のシンボルとして常に我が軍の鑑となるだろう」と追悼した。

文大統領は「改めて国民と共に深い慰めを表し、それほどまでに愛した祖国の空で永眠することを祈る」と締めくくった。

空軍第10戦闘飛行団所属のシム小領は11日、任務遂行のためにF-5E戦闘機を操縦し、離陸中に墜落して殉職した。シム小領は脱出する時間があったにもかかわらず、民家を避けるために最後まで操縦かんを放さなかったことが分かった。


関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기