본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<韓国大統領選>候補支持率、李在明37%、尹錫悦28%…安哲秀14%まで上昇

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

左側から李在明(イ・ジェミョン)共に民主党候補、尹錫悦(ユン・ソクヨル)国民の力候補、安哲秀(アン・チョルス)候補

韓国野党・国民の党の安哲秀(アン・チョルス)代表の勢いが続いている。与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)候補の支持率はほぼ横ばいだ。最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補は反騰に失敗した。

エムブレーンパブリック、ケイスタットリサーチ、コリアリサーチ、韓国リサーチが10-12日に全国有権者1000人を対象に実施した1月第1週の全国指標調査(NBS)の結果が、13日に公表された。

大統領選挙の支持率は李候補が37%、尹候補が28%、安候補が14%だった。前週と比較して李候補は1ポイント上昇した。尹候補は先週と同じ。安候補の支持率は先週(6ポイント)続いて今週も上昇(2ポイント)した。上昇傾向は続いたが、上昇幅は縮小した。これを受け、1位と2位の差は9ポイント、2位と3位の差は14ポイントとなった。

正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補は3%、態度留保は17%だった。

今回の大統領選挙について「国政安定論(政権維持)」を望む回答は42%、「政権審判論(政権交代)」は45%だった。

政党支持率は「共に民主党」35%、「国民の力」30%、「国民の党」8%、「正義党」4%の順。

今回の調査は全国満18歳以上の1000人を対象に携帯電話仮想番号(100%)を利用した電話面接調査で行われた。標本誤差は95%信頼水準で±3.1ポイント、応答率は29.3%。詳細内容は中央選挙世論調査審議委員会ホームページ参照。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기