본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<韓国光州マンション外壁崩落>「33階から29階まで転落」…奇跡の生還果たした負傷者の証言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

11日午後3時47分ごろ光州広域市西区花亭洞の現代アイパーク工事現場でマンション外壁が崩れる事故が発生し消防当局が救助作業をしている。フリーランサー チャン・ジョンピル]

光州市花亭洞(クァンジュシ・ファジョンドン)の新築マンション外壁崩落事故現場で劇的に生還した20代の負傷者が当時の状況を比較的生々しく陳述したことがわかった。

この事故と関連した負傷者は11日現在1人と把握された。負傷者のAさんは39階でコンクリート打設作業中のマンションの33階で同僚とともに断熱施工作業をしていた。

Aさんは突然上階から建物の外壁が崩落すると、自身も外壁に巻き込まれて29階まで転落したと証言したという。

33階から29階まで転落したAさんは劇的に骨折など大きな負傷は避けられた。崩落する残骸にぶつかり衝撃が分散し軽傷にとどまった。比較的軽い負傷だったAさんは現在病院で治療を受けている。

Aさんとともに同じ階で働いていた作業員は崩壊事故発生時には反対側におり被害を免れたとAさんは話した。Aさんは外壁崩落が収まった後にほこりをかぶりながら同僚とともに地上まで歩いて降りてきて自ら避難した。

事故現場では現在まであと6人の作業員がいたものと推定される。彼らは連絡が途絶した状態だ。携帯電話の位置追跡で建設現場周辺にいるものとされるが、現在まで連絡がついておらず、救助当局が安否確認を進めている。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기