본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

孫興民、「アジア版バロンドール」5年連続受賞

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

キング・オブ・ザ・マッチに選ばれた孫興民(ソン・フンミン) [写真 プレミアリーグ ホームページ]

サッカー韓国代表のFW孫興民(ソン・フンミン、30、トッテナム)が5年連続でアジア最高のサッカー選手として認められた。

中国スポーツメディアのタイタンスポーツは3日、「韓国人FW孫興民が『2021アジアンゴールデングローブアワーズ』の受賞者に選ばれた」と発表した。

タイタンスポーツのこの賞は、フランスサッカー専門誌「フランス・フットボール」のバロンドールに着眼して2013年に創設された。アジアサッカー連盟(AFC)に所属する国またはクラブチームで活躍する選手に受賞の資格が与えられる。

孫興民は2017年にこの賞の主人公に初めて選ばれて以降、今年まで5年連続の受賞となった。初代受賞者は本田圭佑(日本)で、2016年には岡崎慎司(日本)が主人公になった。

アジア37カ国のスポーツ専門メディアが各1票ずつを行使し、さらに13人の特別招請審査委員の投票結果を加え、受賞者を決定する。審査委員は1-5位までの選手を提出し、1位には6点、2位には4点、3位には3点、4位には2点、5位には1点の点数が与えられる。

昨年末に行われた投票で孫興民は総点242点(30.3%)を獲得し、圧倒的1位となった。50人の投票委員のうち31人が孫興民に1位票を行使した。

2位はイランのサルダル・アズムン(ゼニト・サンクトペテルブルク)で111点だった。総点90点のイランのメフディ・タレミ(ポルト)が3位。

韓国選手では黄喜燦(ファン・ヒチャン、ウルバーハンプトン、19点)が9位で、孫興民と共にトップ10に名を連ねた。張賢秀(チャン・ヒョンス、アルヒラル、2点)は22位タイ、黄仁範(ファン・インボム、ルビンカザン、1点)は28位タイだった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기