본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サガン鳥栖の金明輝前監督、暴力・暴言認定で8試合の資格停止

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
在日韓国人のサッカー指導者、金明輝前監督(40)が選手に暴力行為や暴言を加えていたことから8試合の資格停止の懲戒を受けた。

日本プロサッカーJリーグは30日、「金前監督は、サガン鳥栖U-18の監督を務めていた時期(2016年~2018年)から、サガン鳥栖のU-18またはトップチームの選手およびチームスタッフに対し、暴力行為や暴言によるパワーハラスメントを繰り返しており、その結果、多数のチーム関係者が深刻な精神的なダメージを受ける等の被害が複数生じた」と発表した。

Jリーグはこの調査結果に基づき、金前監督に「公式試合への出場の資格停止8試合又は8試合に相当する期間の経過」の懲罰を下した。

また、クラブ側に対しても「クラブ自身で必要な調査を実施して事実を把握し、その原因究明、再発防止、適切な処分を行うことで、クラブの自浄能力を示すべきであった」ものの、そうしなかったことを理由にあげて罰金300万円とけん責の懲罰を決めた。

金前監督は2012年にサガン鳥栖で指導者生活をスタートさせて10年近くコーチおよび監督としてチームに貢献したが、練習中に選手を足払いで転倒させるなど暴力をふるった事実がスタッフの告発で明らかになり、今月20日に監督職から退いていた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기