본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<大リーグ>大谷、AP通信の「今年の男性アスリート」に…アジア選手初

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

プレミア12当時の日本代表の大谷翔平

米メジャーリーグ(MLB)で「投打兼業」神話を築いた大谷翔平(27、LAエンゼルス)がアジア選手で初めてAP通信が選定する「今年の男性アスリート」に選ばれた。

AP通信は29日(日本時間)、「大谷を今年の男性アスリートの受賞者に決定した」と明らかにした。続いて「大谷は今年『二刀流』で活躍し、現代野球を再定義しながら世界の注目を集めた」と選定理由を説明した。

AP通信は1931年から毎年、米国の舞台で最も活躍した男女のスポーツスターを1人ずつ選定して授賞してきた。歴代受賞者のうち米国国籍でないアスリートは大谷が7人目。アジア出身選手が今年の男性アスリートに選ばれたことは初めて。女性アスリートまで含めると、1970年の紀政(台湾・陸上)、1998年のパク・セリ(ゴルフ)、2020年の大坂なおみ(日本、テニス)に続いて4人目となる。

大谷は今季、指名打者で155試合に出場し、打率2割り5分7厘、46本塁打、100打点、103得点、25盗塁をマークした。また投手として23試合に先発登板し、9勝2敗、防御率3.18という成績を残した。MLB史上初めて100イニング投球-100奪三振-100安打-100打点-100得点を同時達成した。

シーズン後は予想通り受賞ラッシュが続いた。特に先月19日には全米野球記者協会(BBWAA)投票で1位票30枚を受け、満票でアメリカンリーグ最優秀選手に選ばれた。

AP通信は「ベーブ・ルース以降、投打で同時にトップレベルになった選手はいなかった」とし「大谷は世界中で野球のアイコンになった。また野球というゲームの伝統的な境界を越えた人物になった」と絶賛した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기