본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国国防長官「韓米同盟は堅固、中国とも緊密に…日本との協力も必要」

ⓒ 中央日報日本語版

徐旭(ソ・ウク)国防部長官

韓国の徐旭(ソ・ウク)国防部長官が23日、海外シンクタンクの研究員を対象にした講演で、中国・日本など周辺国との国防協力が必要だという立場を明らかにした。

徐長官はこの日午後、シンガポールの安全保障分野シンクタンク「ラジャラトナム国際学院(RSIS)」の招請で講演した後、「韓米関係を考慮した韓中間の国防安保関係」に関する質問に対し、「韓米同盟は堅固で、これを追求しているが、隣接する中国と緊密に協力してうまく付き合うべきだと考えている」と答えた。

続いて「中国は韓国政府にとって、韓半島(朝鮮半島)非核化において核心当事国の役割をし、経済的にも重要な協力国」とし「中国とは緊密に付き合うべきだと考えている」という政府の立場を紹介した。

徐長官は講演でも「米中間の戦略的な競争が韓半島の安保環境にマイナスの影響を与えるしかないが、(逆に)韓半島問題の平和的な解決過程で(米中間の)協力の空間が創出されることもあると考える」とし「韓半島での平和構築は米中両国の利益につながるため」と強調した。

「日本の敵基地先制打撃議論は北朝鮮の弾道ミサイル基地などを念頭に置いている」という一部の分析に対する個人的な見解を問われると、徐長官は「(両国間の)懸案に対する立場の違いにもかかわらず、域内の平和安定のために緊密な協力が必要だという認識を持っている」とし「今後、韓日国防交流協力をうまく進め、日本がどんな考えを持っているのか対話をして正確な内容を把握し、協力していく必要がある」と答えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기